ページを読み込んでいます。0%

おがおんせん ゆいのやど べっていつばき
男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき

casual 旅館
  • 秋田県 > 男鹿

施設の紹介

アニバーサリーのお祝いや、大切な人たちとの思い出づくりに--。
「男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき」は、
みなさまの想いに寄り添う宿です。

秋田の素材をもちいた木の香る客室からは、
穏やかな海の向こうの世界遺産「白神山地」を望むことができます。
男鹿半島の山海の旬が並ぶ郷土料理に舌鼓を打ったあとは、
男鹿温泉の源泉を掛け流しでゆったりとしたひとときをお愉しみください。

秋田の奥座敷、日本海から昇る雄大な朝陽が美しい宿で、
思い思いのひとときを過ごしませんか。      
続きをよむ
閉じる

部屋タイプ一覧

レビュー

Reluxグレード

casual

その地区では満足度がとても高く、カジュアルにも楽しめる宿泊施設。

レビューの総合点 (6件)

4.2/5

5点

33%

4点

50%

3点

17%

2点

-%

1点

-%

項目別の評価

部屋4.2/5

風呂3.7/5

朝食3.8/5

夕食4.3/5

接客・サービス4.5/5

その他の設備3.7/5

M.Iさん(42歳)

総合点:

宿泊日:2018-11-03

食後に見に行った和太鼓がよかったです。 一番良い部屋をとって最上階の部屋にしましたが お風呂まで遠いので露天風呂付客室が出来ればいいのになぁ。 身体の悪い人は連れて来れないなと思いました。 食事は別注受付けるとエレベーターにでかでか... 続きをよむ 食後に見に行った和太鼓がよかったです。 一番良い部屋をとって最上階の部屋にしましたが お風呂まで遠いので露天風呂付客室が出来ればいいのになぁ。 身体の悪い人は連れて来れないなと思いました。 食事は別注受付けるとエレベーターにでかでかありますが チェックイン時間着いてすぐお願いしたのに最初の予約でいっぱいですと。 ポスターの意味… 喫煙室は階段の踊り場とか(仕切もなし) 接客は…田舎にありがちな… 自販機の飲み物がすごい高いのも久し振りに見ました。ビール500缶500円。 ホテルだけではなくてどこも全体的に愛想はあまりないです。感じ悪いわけではないんですけどね。土地柄?

食後に見に行った和太鼓がよかったです。 一番良い部屋をとって最上階の部屋にしましたが お風呂まで遠いので露天風呂付客室が出来ればいいのになぁ。 身体の悪い人は連れて来れないなと思いました。 食事は別注受付けるとエレベーターにでかでかありますが チェックイン時間着いてすぐお願いしたのに最初の予約でいっぱいですと。 ポスターの意味… 喫煙室は階段の踊り場とか(仕切もなし) 接客は…田舎にありがちな… 自販機の飲み物がすごい高いのも久し振りに見ました。ビール500缶500円。 ホテルだけではなくてどこも全体的に愛想はあまりないです。感じ悪いわけではないんですけどね。土地柄?

A.Kさん(81歳)

総合点:

宿泊日:2018-08-12

掃除が隅々まで行き届いていて気持ちよく過ごせました。 夕食時の配膳の年配の方の心配りが素晴らしく料理もとてもおいしく頂きました。 フロントの元気のよい女性のお迎えと、見送りが印象的でした。 夜のなまはげ館も良い思い出になりました。

掃除が隅々まで行き届いていて気持ちよく過ごせました。 夕食時の配膳の年配の方の心配りが素晴らしく料理もとてもおいしく頂きました。 フロントの元気のよい女性のお迎えと、見送りが印象的でした。 夜のなまはげ館も良い思い出になりました。

K.Nさん(非公開)

総合点:

宿泊日:2018-07-01

大変良質なサービスを有難うございました。食塩泉の濃度と温度も絶妙でした。居室の清潔さや旨く新鮮な食材の夕朝の食事、何より職員皆様の接客態度と秋田美人揃いの女性職員のおもてなしで、久しぶりの充実旅行を堪能しました。 男鹿半島への旅は学生時代... 続きをよむ 大変良質なサービスを有難うございました。食塩泉の濃度と温度も絶妙でした。居室の清潔さや旨く新鮮な食材の夕朝の食事、何より職員皆様の接客態度と秋田美人揃いの女性職員のおもてなしで、久しぶりの充実旅行を堪能しました。 男鹿半島への旅は学生時代の貧乏旅行以来で約50年ぶりでしたが、室蘭出身妻の秋田県のルーツ探しのメインミッションで意外な展開もあって、感動旅行になりました。 一点ですが、昨日は朝から酷暑でクーラーを朝からつけましたが、水滴が室内に滴ってきました。下にバスタオルを敷いておきましたのでお気付きと思います。本クーラーは最近外付けで設置したと思いますが、排水系統の不備で排水に不具合が有るものと思います。 至急手直しが必要と思います。

大変良質なサービスを有難うございました。食塩泉の濃度と温度も絶妙でした。居室の清潔さや旨く新鮮な食材の夕朝の食事、何より職員皆様の接客態度と秋田美人揃いの女性職員のおもてなしで、久しぶりの充実旅行を堪能しました。 男鹿半島への旅は学生時代の貧乏旅行以来で約50年ぶりでしたが、室蘭出身妻の秋田県のルーツ探しのメインミッションで意外な展開もあって、感動旅行になりました。 一点ですが、昨日は朝から酷暑でクーラーを朝からつけましたが、水滴が室内に滴ってきました。下にバスタオルを敷いておきましたのでお気付きと思います。本クーラーは最近外付けで設置したと思いますが、排水系統の不備で排水に不具合が有るものと思います。 至急手直しが必要と思います。

施設・サービス

施設名

男鹿温泉 結いの宿 別邸つばき

住所

秋田県男鹿市北浦湯本字中里81 [地図をみる]

チェックイン/チェックアウト時間

15:00 / 10:00

宿泊プランにより異なる場合がございます。

クレジットカード

VISA/MASTER/AMEX/JCB/DINERS/NICOS/銀聯/SAISON/UFJ/UC/DC

総部屋数

40室

レストラン

【お食事処】秋田ごちそうダイニング「味彩」
男鹿の海で獲れる新鮮な魚介を中心としたお料理の他、目の前で料理人がお料理をご用意しております。ライブ感のある男鹿の郷土料理をお楽しみ下さいませ。
続きをよむ
閉じる

お風呂

男鹿温泉郷では初となる2本の源泉掛け流し温泉の宿です。
保湿効果をもち、湯冷めしにくいと言われる温泉を心ゆくまでお楽しみ下さいませ。
男性大浴場「錦の湯」露天風呂からは遠くに海を眺め、優しい潮風を受けながらお入りいただけます。
女性大浴場「雅の湯」露天風呂では四季折々の草花に囲まれながら、温泉浴をお楽しみいただけます。また、女性専用「パウダーコーナー」もお肌のお手入れに好評です。
平成30年4月1日には男女とも温泉大浴場をリニューアルし、いままでとは違った趣きの中、温泉浴をお楽しみいただけます。

【温泉大浴場ご利用時間】(男性「錦の湯」、女性「雅の湯」とも)
・15:00~23:00、5:00~9:00
続きをよむ
閉じる

その他の施設情報

【囲炉裏ラウンジ「ゆり」】
男鹿の海を望むラウンジでお客様との語らい、お寛ぎにご利用下さいませ。

【館内売店】7:00~21:00
(※宅配便も受付しております。)

【会議室】(要事前予約)
続きをよむ
閉じる

ご案内

・当日のご到着時間が18:00を過ぎる場合は、事前にご連絡を頂けますようお願い致します。
続きをよむ
閉じる

注意事項

大人の方(中学生以上)は別途、入湯税(150円)が必要となります。
続きをよむ
閉じる

特徴

  • 入湯税
  • お子様の宿泊
  • ルームサービス
  • 送迎サービス
  • パーキング
  • 温泉
  • 源泉掛け流し
  • 露天風呂付き客室
  • 大浴場
  • 貸切風呂
  • プールあり(屋内)
  • プールあり(屋外)
  • エステ・スパ施設
  • フィットネス施設
  • バリアフリー対応
  • 駅から徒歩5分以内
  • ペットもOK
  • お部屋で朝食
  • お部屋で夕食
  • 大浴場に露天風呂
  • 夜景自慢の客室
  • 海がみえる客室
  • 離れ/コテージ
  • 割引が使える

施設の特徴は一般的な設備を表すもので、宿泊施設によって設備内容やサービスの範囲は異なります。詳細は宿泊施設へ直接ご確認のうえ、ご予約くださいませ。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

【飛行機をご利用のお客様】
・「秋田空港」~「エアポートライナー(男鹿半島号)」にて男鹿温泉郷へ(所要時間、約120分、要事前予約「キングタクシー」018-867-7444)
・「秋田空港」~リムジンバスにて「秋田駅」へ(所要時間、約50分)。

・JR「秋田駅」~「男鹿線」乗り換え、「羽立駅」下車。
「羽立駅」から路線バスで約50分、又はタクシーで約30分。

・「男鹿駅」下車の場合、事前予約(3日前迄)により、送迎有り。
(お迎え)①14時45分、②16時30分
(お送り)ホテル発9時45分(※JR男鹿線「男鹿駅」10時24分発に接続)

お車でのアクセス

秋田自動車道「昭和・男鹿半島IC」~国道101号線~なまはげライン経由で男鹿温泉郷方面へ、所要時間は約50分。

【屋外駐車場】
料金:無料
駐車台数:約100台

秋田県男鹿市北浦湯本字中里81

GoogleMapで開く

Reluxコンシェルジュに相談する

専任コンシェルジュが、オリジナルの旅行プランの手配やご宿泊のアレンジをお手伝いします。 お気軽にご相談ください。

この24時間で、5名の方がページを見ています。

ようこそ、Reluxへ