美ヶ原温泉

日本書紀に名を残す、信濃の名湯

温泉の紹介

美ヶ原温泉は長野県松本市に湧く温泉地で、国民保養温泉にも指定されている名湯です。西に北アルプス、東に美ヶ原高原を望むことのできる自然の近さと、松本市から車で15分ほどで行くことができるアクセスの良さも人気の理由です。温泉街の中心には古くから地域の住人に親しまれてきた公衆浴場「白糸の湯」が「ふれあい山辺館」と名を変えてリニューアルされ、昔と変わらず憩いの場として利用されています。

温泉の効果・特徴

美ヶ原温泉の歴史は古く、奈良時代に編纂された日本書紀にも記述があります。平安時代には歌人・源重之が詠み、江戸時代には松本藩主の保養地だったことから「御殿の湯」とも呼ばれていました。泉質は単純泉。神経痛や筋肉痛、関節痛の他冷え性や慢性消化器病などにも効能があるとされています。
  • 泉質

    単純温泉
  • 効能

    自律神経不安定症 うつ状態 不眠症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

松本駅から徒歩約50分

お車でのアクセス

松本ICから車で約25分

ようこそ、Reluxへ