原鶴温泉

化粧水に浸ったかのような"ダブル美肌の湯"

温泉の紹介

福岡県と大分県の県境に位置する原鶴温泉は、福岡市内からも1時間程度。古来より福岡の奥屋敷として親しまれてきました。

筑後川の流れに沿って、和風旅館から近代式ホテルまで約15軒ほどの施設が立ち並びます。その筑後川では、5月~9月のシーズンは鵜飼いが行われ、各宿から屋形船が出る姿がが幻想的です。

「湯めぐり帳」で各旅館で入浴でき、温泉めぐりも気軽にできます。

温泉の効果・特徴

原鶴温泉は、弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉の二つの泉質、古い角質を落とす性質と美白効果を合わせ持つ「ダブル美肌の湯」として有名で、県内外から多くの人が訪れます。

まるで化粧水に浸かっているようなトロトロのお湯が特徴的。
お湯の色は無色透明で、源泉の温度は40~60度です。
  • 泉質

    単純温泉 炭酸水素塩泉 硫黄泉
  • 効能

    関節リウマチ 神経痛 筋肉のこわばり 冷え性 耐糖能異常(糖尿病) 痔の痛み 疲労回復

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR久大本線筑後吉井駅より車で約10分

お車でのアクセス

大分自動車道 杷木ICより車で約5分
大分自動車道 朝倉ICより車で約10分

ようこそ、Reluxへ