湯の花温泉

戦国武将も湯治して傷を癒した京の奥座敷

温泉の紹介

明智光秀の居城だった亀山城の城下町亀岡から、西へ向かって山峡に入っていったところに、戦国時代の武将も傷を癒したと伝えられる湯の花温泉があります。
亀岡から嵐山にかけて保津川が創り出した絶景の保津峡があり、保津川下りで絶景の中を豪快に下ったり、トロッコ列車で美しい景色をのんびり堪能できます。
温泉の近くには桔梗の花が美しいききょうの里や、コスモスが咲き並ぶ夢コスモス園があります。

温泉の効果・特徴

湯の花温泉は、はるか昔の戦国時代の武将が刀創を癒したと伝えられるという歴史ある温泉地です。
泉質はラドンを含有している放射能泉で、高尿酸血症(痛風)や関節リウマチ、強直性脊椎炎などに効能があるとされています。
容器を持参すれば温泉スタンドがあるので、温泉水を持ち帰ることができます。
  • 泉質

    放射能泉
  • 効能

    関節リウマチ 高尿酸血症(痛風) 強直性脊椎炎

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR西日本 山陰本線・亀岡駅からバスで約24分

お車でのアクセス

京都縦貫自動車道・亀岡ICから車で約9分

ようこそ、Reluxへ