鳴子温泉郷

湯めぐりで楽しむ泉質数国内最多の温泉郷

温泉の紹介

日本有数の米どころで知られる大崎平野から、江合川を山あいへ入っていったところにあるのが、日本で一番多い8種類もの泉質を楽しめる鳴子温泉郷です。

温泉郷には、JR東日本の奥の細道ゆけむりラインに沿った東鳴子温泉、川渡温泉、鳴子温泉、中山平温泉と山中にある鬼首温泉の5つの温泉地があります。

温泉郷からは仙台、松島、平泉、山寺といった東北を代表する観光地に、日帰りで気軽に出かけることができます。

温泉の効果・特徴

鳴子温泉郷のはじまりは、承和4年(837)の鳴子火山の噴火にともなって、温泉が湧きだしたと伝えられています。10種類中8種類もの泉質の温泉が湧き出ているので、きりきず、末梢循環障害、冷え性など、多種多様な効能があるとされています。多彩な効能があるお湯をいろいろ楽しむには、お得な割引料金で湯めぐり参加のお宿だけでなく共同湯も利用できる「湯めぐりチケット」があります。
  • 泉質

    単純温泉 塩化物泉 炭酸水素塩泉 硫酸塩泉 二酸化炭素泉 含鉄泉 酸性泉 硫黄泉
  • 効能

    冷え性 末梢循環障害 自律神経不安定症 うつ状態 不眠症 きりきず 皮膚乾燥症 アトピー性皮膚炎 尋常性乾癬 表皮化膿症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR東日本 陸羽東線・鳴子温泉駅から徒歩1分(鳴子温泉)

お車でのアクセス

東北自動車道古川ICから車で約39分(鳴子温泉)

ようこそ、Reluxへ