遠刈田温泉

自然と歴史が交わる湯治湯で名を馳せた名湯

温泉の紹介

遠刈田温泉は、宮城県刈田郡蔵王町にあります。

標高約330mの高原に位置し、蔵王を代表する御釜や蔵王エコーラインの木々に囲まれています。新鮮な空気を味わいながらの入浴は心身ともにリフレッシュできるでしょう。

蔵王はこけしの産地としても有名で温泉街には工房や土産物やが並びます。白石川の支流・松川に架かる「こけし橋」から望む景観は圧巻。街中から立ち込める湯煙が湯治湯で刻んだ歴史の重みを感じさせます。

温泉の効果・特徴

開湯は約400年前の1601年(慶長6年)とされる歴史ある温
泉。

かつての地名は「湯刈田」であり、その名残から現在も
「とおがった」と「とうがった」と2通りの読み方が存在し
ています。

湯は肌触りがやわらかく、神経痛やリュウマチ、
婦人病などに効用があるといわれています。

  • 泉質

    硫酸塩泉
  • 効能

    関節リウマチ 神経痛 筋肉のこわばり 冷え性 末梢循環障害

アクセス

公共交通機関でのアクセス

東北新幹線白石蔵王駅からバスで50分

お車でのアクセス

東北自動車道白石ICから車で25分

ようこそ、Reluxへ