博多温泉

福岡市内南郊の街中に湧き出る温泉

温泉の紹介

背振山を源にして福岡市を南北に流れている那珂川中流あたりにある博多温泉は、福岡市南郊のベッドタウンの中に湧き出るという温泉です。
福岡市内にあることから掛け流しの天然温泉で疲れを癒しながら、福岡周辺のビジネスはもちろんレジャーを楽しむにも便利なロケーションにあります。
交通の便も良いため、福岡市内の観光だけでなく太宰府天満宮や九州国立博物館、水郷柳川などへ気軽に足を運ぶことができます。

温泉の効果・特徴

博多温泉の温泉旅館の源泉は1971年(昭和46年)に発見され、1日144トンという豊富な湯量を誇る完全掛け流しのお風呂です。
温泉の泉質は塩化物泉で、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症などに効能があるとされています。
博多温泉には1966年(昭和41年)に発見された博多温泉の発祥とされる温泉で、知る人ぞ知る日帰り温泉の「元祖博多温泉 元湯」があり、源泉そのままの59度というあつ湯に入ることができます。
  • 泉質

    塩化物泉
  • 効能

    冷え性 末梢循環障害 うつ状態 きりきず 皮膚乾燥症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

西日本鉄道天神大牟田線・西鉄大橋駅からバスで約7分

お車でのアクセス

福岡都市高速環状線・野多目ICから車で約5分

ようこそ、Reluxへ