羅臼温泉・ウトロ温泉(知床の温泉)

世界自然遺産・知床で極上の湯浴みを満喫する

温泉の紹介

北海道の東端の知床半島は、厳しい自然のために人跡未踏、手つかずのまま守られていることから、半島と沿岸海域が世界自然遺産となっています。

羅臼温泉とウトロ温泉は、世界遺産知床の中にあり、大自然の中で温泉を満喫出来る温泉地となっています。

荘厳な自然を満喫しながら、極上の湯浴みをお楽しみください。

温泉の効果・特徴

羅臼温泉は、熊の湯が明治時代の地図に載っていたほどの歴史ある温泉で、ウトロ温泉は昭和40年代の開湯とされ羅臼温泉に比べると歴史の浅い温泉です。羅臼温泉は塩化物泉、ウトロ温泉は塩化物泉と炭酸水素塩泉の源泉があり、きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症などに効能があるとされています。
  • 泉質

    塩化物泉 炭酸水素塩泉
  • 効能

    冷え性 末梢循環障害 うつ状態 きりきず 皮膚乾燥症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR北海道 根室本線・釧路駅からバスで約3時間35分(羅臼温泉)
JR北海道 釧網本線・知床斜里駅からバスで約60分(ウトロ温泉)

お車でのアクセス

道東自動車道・阿寒ICから車で約3時間(羅臼温泉)
道東自動車道・阿寒ICから車で約3時間(ウトロ温泉)

ようこそ、Reluxへ