日田温泉

穏やかな時が流れる山紫水明の地にある温泉

温泉の紹介

大分県日田市の町中にある日田温泉は、地元では三隈川と呼ばれている筑後川に面している温泉地です。
日田の町は、穏やかな時が流れる山紫水明の地で、水郷とも呼ばれています。
江戸時代には天領となって西国郡代が置かたことから、九州天領の政治・経済の中心地として栄えました。
日田の町のうち豆田町には江戸時代末期から昭和初期までの建物が立ち並び、日田が栄えた当時の風情を味わいながらの散策が楽しめます。

温泉の効果・特徴

日田温泉の温泉は湯ざわりやさしい単純温泉で、ストレスなどからの自律神経不安定症や不眠症、うつ状態などに効能があるとされ、昔から子宝の湯としても知られています。
三隈川に面していることから風流な屋形船での夕食が名物となっていて、お宿から船を出して清流の中で四季折々の日田の情景を味わうことができます。
  • 泉質

    単純温泉
  • 効能

    自律神経不安定症 うつ状態 不眠症

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR九州 久大本線・日田駅から徒歩約15分

お車でのアクセス

大分自動車道・日田ICから車で約15分

ようこそ、Reluxへ