有馬温泉

日本書紀にも記載される、日本三大名湯

温泉の紹介

有馬温泉は群馬県「草津温泉」、岐阜県「下呂温泉」と共に日本三名湯の1つ。
「関西の奥座敷」とも呼ばれ太閤秀吉の時代から続く歴史のある温泉で、
「日本書紀」に記載されるほど。
温泉街は昔からの風情溢れる町並みで、
春には桜と新緑、秋には紅葉と四季折々の景色を楽しめます。
昔ながらのお煎餅や、伝統工芸品の有馬人形筆、有馬篭など有馬温泉ならではのお土産もたくさんあります。

温泉の効果・特徴

有馬温泉は太閤秀吉の時代から続くと言われる歴史のある温泉です。
「日本三名湯」や「日本三古泉」にも数えられている有名な温泉です。
有馬温泉は金泉と銀泉があり、金泉は赤褐色で塩分と鉄分を多く含む温泉です。
そして銀泉は無色透明で炭酸泉とラジウム泉のまざったお肌にとってもいい温泉です。
  • 泉質

    塩化物泉
  • 効能

    関節リウマチ 筋肉のこわばり 冷え性

アクセス

公共交通機関でのアクセス

【電車】有馬温泉駅より徒歩5分

お車でのアクセス

【車】箕谷ランプから約5分

ようこそ、Reluxへ