千倉温泉郷

南房総の海底から湧く天然硫黄泉

温泉の紹介

千葉の南端、南房総の千倉の周辺に湧出する温泉地。

どの宿も房総の魚介類の料理を自慢にしています。現在は千倉温泉、千倉海岸温泉、千倉元湯温泉、千倉海底温泉、千倉七浦温泉などを総称して千倉温泉郷と呼びます。

温暖な気候と青く透き通った海、美しい花々にのどかな海岸風景が訪れる人々の心を和ませてくれます。特に海岸が東向きなので朝日の美しさは圧巻です。

温泉の効果・特徴

千葉県最古の温泉と伝えられ、かの源頼朝が愛馬の傷を癒したという伝説が残っています。

泉質は硫黄泉、効能はリウマチ、神経痛、肩こり、婦人病、美肌など。

お湯の色は淡黄色の透明で、独特の硫化水素の臭いがします。
  • 泉質

    硫黄泉
  • 効能

    関節リウマチ 神経痛 五十肩

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR千倉駅から車で約5分

お車でのアクセス

富津館山道路 富浦ICから車で約25分

ようこそ、Reluxへ