朝里川温泉

小樽の奥座敷。山間に潜むゆらぎの湯

温泉の紹介

北海道小樽市にある温泉。三方を山に囲まれた山間の温泉であるため、「小樽の奥座敷」などとも呼ばれています。

朝里ダムによって出来た人工湖「オタルナイ湖」は、ピクニックやお散歩にぴったり。テニスができるコートも完備するなど、リゾート的な雰囲気もあります。ここから見下ろす小樽の景色は絶景。小樽運河はもちろん、天狗山ロープウエイや、中央市場など観光の拠点としても便利です。

温泉の効果・特徴

開湯は昭和29年と、比較的新しい存在である朝里川温泉。実は、鹿が湯浴みに訪れていたことから温泉があることを伝えられたと言われています。

ナトリウム・カルシウム塩化物泉で、神経痛、筋肉痛のほか、寺婦人病や冷え性など幅広い効能があります。共同浴場の「ゆらぎの湯」もあります。
  • 泉質

    塩化物泉
  • 効能

    変形性関節症 神経痛 筋肉のこわばり 冷え性 痔の痛み 疲労回復

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR北海道小樽築港駅よりバス「朝里川温泉行き」で約15分。または小樽駅よりバスで30分。

お車でのアクセス

朝里ICから車で約5分

ようこそ、Reluxへ