南紀白浜温泉

万葉の昔より、日本三古湯として名高い名湯

温泉の紹介

和歌山県の南西、太平洋に突出した半島先端の海辺に湧く温泉地。

白砂が美しい白良浜海水浴場は、ワイキキビーチと姉妹浜になっています。
リゾート気分を味わえるレジャー温泉ですが、その歴史は古く万葉の時代から親しまれ、日本三大古湯として名高い歴史ある名湯です。

現在は年間300万人以上が訪れる一大リゾートとして、大小様々な宿泊施設、レジャー施設が建ち並ぶ半面、古き良き時代の面影も残しています。

温泉の効果・特徴

有馬・道後と並び、日本三古湯に数えられています。古くは牟婁の湯と呼ばれ、斉明天皇や天智天皇をはじめ多くの官人が訪れています。

泉質は炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫黄泉、効能は神経痛、婦人病、冷え性、皮膚病、糖尿病などがあります。
  • 泉質

    塩化物泉 炭酸水素塩泉 硫黄泉
  • 効能

    神経痛 冷え性 耐糖能異常(糖尿病)

アクセス

公共交通機関でのアクセス

JR白浜駅から車で約15分

お車でのアクセス

紀勢自動車道 道南紀白浜ICから約10分

ようこそ、Reluxへ