Welcome to Relux

買収によって成長する「ホテルニューアワジ」

ホテルニューアワジ

篠塚:淡路島へ戻られたのは、何かきっかけがあったのでしょうか?

木下:戻るタイミングは、自分で判断をしました。平成10年の4月に明石海峡大橋が開通したのですね。淡路島が大きく変わると思ったときに、地元へ帰って「ホテルニューアワジ」で仕事をしてみたいという気になったのです。そして、橋がかかる直前にリーガロイヤルホテルを円満退職させていただき、淡路島に戻りました。

篠塚:そのときの「ホテルニューアワジ」の規模は、どのくらいだったのでしょうか。

木下:そのときはまだ「ホテルニューアワジ」の1軒のみでした。私は平成10年の1月1日に「ホテルニューアワジ」に入社をして、営業全体を担当しました。営業といってもセールスではなくて、フロント業務や予約など全般を一社員として行っていましたね。入社から2ヶ月ほど経った2月末くらいに、「ホテルプラザ淡路島」買収の調印に立ち会ったのです。それが最初の大きな仕事でした。そうして3月頭から採用活動に入ることになりました。

篠塚:それが今に至るグループ展開の第一歩となったのですね。

木下:当時の社長が、明石海峡大橋の開通に合わせて5月1日に「ホテルニューアワジプラザ淡路島」をオープンさせることを決めたため、2ヶ月で社員を集めなければなりませんでした。その5〜6年後の平成16年に、今度は2軒目となる「四州園」を買収して「淡路夢泉景」をオープンしました。この買収をきっかけに1〜2年に1回のペースでグループ施設が増えていきました。「プラザ淡路島」、「四州園」に続き、「夢海游 淡路島」や四国こんぴら温泉郷の「琴平花壇」、ヨットハーバーの「サントピアマリーナ」とそのマリーナに位置する「海のホテル 島花」、現在は「渚の荘花季」になっている四州園の別館「なぎさ」、神戸六甲アイランドの「神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ」、淡路島西海岸・慶野松原の「あわじ浜離宮」を次々と買収し、再建してきました。

ホテルニューアワジ ホテルニューアワジ ホテルニューアワジ
株式会社ホテルニューアワジ/代表取締役社長 木下 学

株式会社ホテルニューアワジ/代表取締役社長

木下 学

京都産業大学経営学部を卒業後、株式会社ロイヤルホテルに就職。その後1998年に株式会社ホテルニューアワジに入社し、2006年に専務取締役、2015年に代表取締役に就任。現在は、神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズを運営する株式会社HNA神戸代表取締役社長を兼務している。

Hotel New Awaji Villa

Hotel New Awaji Villa

兵庫県 > 淡路島

海上の楽園――。紀淡海峡や大阪湾を一望する、全室スイートの絶景宿。

Hotel New Awaji Bettei Awaji Yumesenkei

Hotel New Awaji Bettei Awaji Yumesenkei

兵庫県 > 淡路島

淡路島の東海岸「古茂江海岸」に臨む、やすらぎともてなしの湯宿。

Yumesenkei Besso Amahara

Yumesenkei Besso Amahara

兵庫県 > 淡路島

淡路島の大自然のエネルギーを感じる、海辺の別荘。

Nagisa no Sho Hanagoyomi

Nagisa no Sho Hanagoyomi

兵庫県 > 淡路島

海辺のオープンテラスで“空と海”を楽しむ、古茂江岬の和み宿。

Kotohira Kadan

Kotohira Kadan

香川県 > 琴平・丸亀・坂出

創業400年、金比羅山の麓に佇む数寄屋造と現代建築の老舗旅館。

Kobe Bay Sheraton Hotel & Towers

Kobe Bay Sheraton Hotel & Towers

兵庫県 > 神戸・有馬・明石

"和~Sheraton"がテーマ。神戸随一のラグジュアリーホテル。