ようこそ、Reluxへ

言語を選択してください(Choose your language.)

下田というリゾート地に惹かれ、「別邸 洛邑」を創業した丸山氏。メンバーシップ制だからこそできる、本物にこだわったサービスには「無形の心地よさ」がありました。

ゲスト

別邸 洛邑 代表 丸山 修

別邸 洛邑 代表

丸山 修

東京都豊島区出身。駒澤大学法学部卒業後、丸山商事株式会社に入社。2006年に下田青年会議所理事長に就任。2005年より下田温泉協同旅館組合 理事長を務め、2010年に静岡県生活衛生同業組合 副理事長に就任。現在、別邸 洛邑の代表を務める。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 代表取締役 篠塚 孝哉

株式会社 Loco Partners 代表取締役

篠塚 孝哉

1984年生まれ。07年株式会社リクルート入社、11年9月に株式会社Loco Partnersを設立し、代表取締役に就任。2013年3月にReluxをオープン。趣味は旅行、ワイン、ランニング、読書など。

唯一無二のビーチリゾート・下田との出会い

別邸 洛邑

篠塚:丸山社長が下田の地で別邸 洛邑をオープンするきっかけとなった経験をお聞かせください。

丸山:私が小学1年生の時に父が「下田ビューホテル」をオープンして、それから小学校の6年間は毎夏、下田に連れて来られて約1ヶ月間滞在していました。東京生まれだった私にとっては、おじいちゃんの家のようなものですね。そして、やはりこの下田の浜や海での思い出が一番強いですね。ハワイ、グアム、バリ、沖縄など、立場柄さまざまなビーチリゾートへ行きましたが、行けば行くほど、やはり下田がいいのです。商売をやるのであれば、下田という場所で日本を代表するようなことをやってみたいと思うようになったのが、この場所で別邸 洛邑を始めたきっかけです。

篠塚:お父様が始められた下田ビューホテルによってこの地に出会い、毎年来るたびにどんどん好きになった、そうしたきっかけでこの宿の構想が始まったのですね。

別邸 洛邑

丸山:そうですね。下田に土地を取得したのは昭和40年に入った頃ですが、昭和36年には伊豆急行が開通し、企業の保養所が数多く建てられるなどリゾート地として非常に注目された場所でした。施設産業、特に宿泊業はお客様の滞在時間が長いので、ロケーションは大事ですよね。また、ハードな事業ですのでお金もかかりますし、サービスも朝早くて夜遅い。やはりこの場所に惚れ込まなければできません。

篠塚:下田は、リゾート地としてそれほどまでに確立された場所だったのですね。そんなこの場所で、別邸 洛邑をあえてメンバーシップ制(会員制)のスタイルにしたのは、どのような理由からなのでしょうか。

丸山:メンバーシップ制のホテルを開業しようと思ったのは、儲け主義の不動産業者が各地の別荘やリゾートマンションを投機目的で販売している乱開発を含めた問題もあります。リゾートマンションを購入する代わりに別邸 洛邑の会員権を購入して、好きな時に滞在しに来てください、というお客様へのメッセージなのです。戦後に始まった団体での宴会旅行などに使用された大型施設を買い取っている大企業ありますが、買い取ったのちに建物をどうしていくかという問題は出てきてしまうと思います。どうしても設備投資の規模は大きいですし、一度開業してしまうとタテ・ヨコ・ナナメと360度すべてを見なければならない。そうなると、流行に乗って勢いのある3年ぐらいで利益を取ってからやめるという商売はできないのですね。だからこそ、本当に惚れ込んでいなければきちんと続けることは難しいのです。

篠塚:なるほど。では、この場所でホテルを開業すると決めて、はじめから形態をメンバーシップ制にしようという構想があったのですか?

別邸 洛邑

丸山:いえ、ホテルの詳細な構想は途中から膨らませていきました。設備投資や人件費を考えると、まずはイニシャルコストを集める必要があると考えたのです。そして、会員制にするにあたってさまざまなことを調べたのですが、スタッフや自分自身のモチベーションや、会社のステイタスを考えて高級路線でいこうと決めました。比較的安価なメンバーシップ制という選択肢もあったのですが、別邸 洛邑は小規模ですので売上が追いつきません。また、東京にいる社員や飲食店の社員らもこうした高級店があることで意識も高まるのではないかという効果も考えました。別邸 洛邑があることで、東京の飲食店や下田ビューホテルも同じように上質なものと感じていただけるように、より努力することができる。お客様からも、「別邸 洛邑のあるグループなら安心だな」と感じていただければと。そういった意味で、別邸 洛邑をグループのシンボルにしたいという考えもありました。

別邸 洛邑 代表 丸山 修

別邸 洛邑 代表

丸山 修

東京都豊島区出身。駒澤大学法学部卒業後、丸山商事株式会社に入社。2006年に下田青年会議所理事長に就任。2005年より下田温泉協同旅館組合 理事長を務め、2010年に静岡県生活衛生同業組合 副理事長に就任。現在、別邸 洛邑の代表を務める。