ようこそ、Reluxへ

有馬でしかできない体験を提供することで、独自の世界観を築いてきた「御所坊」。コンセプトありきの空間づくりや、素材にこだわった食について語っていただきました。

ゲスト

陶泉 御所坊 第15代目当主 金井 啓修

陶泉 御所坊 第15代目当主

金井 啓修

1955年、有馬町生まれ。1981年に御所坊を継ぎ、15代目 金井四郎兵衛を襲名。2010年、国土交通省「観光カリスマ」に指定2016 年に有馬温泉観光協会長に就任。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 代表取締役 篠塚 孝哉

株式会社 Loco Partners 代表取締役

篠塚 孝哉

1984年生まれ。07年株式会社リクルート入社、11年9月に株式会社Loco Partnersを設立し、代表取締役に就任。2013年3月にReluxをオープン。趣味は旅行、ワイン、ランニング、読書など。

有馬の変化を見つめながら

有馬温泉 陶泉 御所坊

篠塚:金井さんが家業である旅館を継ぐまでには、どのような道筋を辿られたのでしょうか?

金井:学生時代、海外へ行きたいという思いが強くあって、フランス語を1から学んでフランスに行こうと考えたのですね。そこで、まずは料理学校へ行ってからフランスへ行けば、語学も料理の勉強もできて一石二鳥だと思ったのです。家業の旅館を手伝っていたこともあり料理学校へ進んだのですが、しばらくしてから、今度はサービスに興味を抱きました。実はホテル・ニッコー・ド・パリがオープンするときの最初のスタッフに採用されていたのですが、いろいろありまして有馬と姉妹提携を結んでいる北海道の定山渓温泉へ行くことになりました。定山渓の旅館には見習いという形で入ったのですが、当時はまだ旅館業を継ぐ気はなく、実家に帰ることも考えていなかったのです。

篠塚:サービス業に興味を持ちながらも、その当時は、まだ家業を継がれるご予定はなかったのですね。

金井:はい。当時は清里や白馬のペンションですとか、観光地でいうと萩、津和野などが人気だった時代で、若い子を有馬のような温泉地へ連れて行っても喜ばれませんでした。カップルでの旅行というと「私をスキーに連れてって」の世界で、温泉地に行くなんてダサいと言われるような時代だったのです。

篠塚:1980年頃はそういう時代だったのですね。その頃に北海道から戻ってこられたのでしょうか?

金井:1977、78年頃に有馬に戻りました。そして1981年にケーキ屋をつくったのですね。その頃には「オヤジギャル」という言葉が流行りまして、女性も縄のれんの立ち飲み屋に出入りするようになったのです。それまでは、温泉といえば男性が消防団の旅行で訪れる場所だったのですが、徐々に女性が来るようになりました。

篠塚:北海道から有馬へ戻られて数年後に客層に変化が現れ始めたのですね。客層の変化が起きると需要も変わってくると思いますが、他にはどんな取り組みをされたのでしょうか。

金井:有馬に戻り、最初にテニスクラブも作りました。テニスクラブを作ると、若い人が来ます。テニスをしたら汗をかくということで、若い人が温泉に入ってくれるようになりました。温泉に入るとちょっと1杯飲みたいですよね。それから、湯上がりの1杯が飲める居酒屋を作ろう、さらに女性がひと休みできるケーキの食べられる喫茶店を作ろうと、そういう発想でハード面を揃えていきました。

篠塚:そうして発想をつなげて事業を拡大されていく中で、これは大変だったというエピソードはありますか?

有馬温泉 陶泉 御所坊

金井:当時開催された淡路花博で、物販をすることになった際のことです。何を売るか検討している際に、ちょうどドイツのおもちゃメッセにて「これはいけるのではないか」と思えるおもちゃを見つけて、1コンテナ仕入れたのですよ。それを淡路花博の物販に出してみると飛ぶように売れまして、オープンして2ヶ月後には在庫が尽きそうだったのです。そこであれもこれもと1コンテナ分の追加注文をしたら、3ヶ月後には客足ががくんと落ちて、在庫が丸々残ってしまいました。そのときの儲けは全部なくなってしまったのですが、輸出入には興味がありましたので、今は韓国に有馬サイダーを輸出する事業も行なっています。また、旅館というのはインテリアや食など、いろいろなものにつながります。例えば、少し前にデザイナーズ旅館やホテルが流行りましたよね。私もデザインが好きでしたので、事業とは異なりますがデザイナーに教えてもらいながら一緒にデザインに取り組んでいます。

陶泉 御所坊 第15代目当主 金井 啓修

陶泉 御所坊 第15代目当主

金井 啓修

1955年、有馬町生まれ。1981年に御所坊を継ぎ、15代目 金井四郎兵衛を襲名。以来、有馬の街全体を巻き込んだ地域活性化に積極的に取り組んでいる。2010年、国土交通省「観光カリスマ」に指定2016年に有馬温泉観光協会長に就任。

有馬温泉 陶泉 御所坊

有馬温泉 陶泉 御所坊

兵庫県 > 神戸・有馬・明石

遥かな時を超えて在り続ける、有馬最古の宿。聴水御坊と雲山御坊からなる8つの客室は、歴史と文化の薫る空間です。