ようこそ、Reluxへ

「遊びを売る空間」であることを大切にし、オンリー1であり続けるパークホテル東京。アーティストルーム誕生と、ホテルの未来について伺いました。

ゲスト

パークホテル東京 総支配人 林 義明

パークホテル東京 総支配人

林 義明

1981年芝パークホテル入社。ベルボーイからスタートして宿泊予約、フロント、フランスレストラン支配人などを経験。中国料理「北京」帝国ホテル店支配人を経て、2000年パークホテル東京開業準備室長に就任。2016年現在、パークホテル東京総支配人。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 取締役 塩川 一樹

株式会社 Loco Partners 取締役

塩川 一樹

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000施設以上の担当を歴任。2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。

ジェネラリストとして経験を積んだ、ホテルマン時代

パークホテル東京

塩川:まず、過去を振り返って林さんがホテルマンとしてどう歩んでこられたか、ご自身の経験をお聞かせください。

林:学生時代、ホテルのルームサービスのアルバイトをしたのです。そこで私は、お客さまに「ありがとう」と言っていただける、自分のしたことが返ってくるというのはいいなと思いました。そして就職活動をする段階で、自分にはホテルマンが合っているのかもしれないと思い「芝パークホテル」を受けたのです。当時「芝パークホテル」の社長は犬丸二郎氏だったのですが、「帝国ホテル」に勤めていた私の父と仲が良く、そうしたご縁もあってここへ入社したということですね。

塩川:お父様が「帝国ホテル」にお勤めされていたということで、幼少期からホテルマンの姿が身近にあったことも影響していたのでしょうか。

林:父が働いている姿はあまり記憶にないのですけれども、「帝国ホテル」で食事をしたりとか地方のホテルへ泊めてもらったりという機会は多かったですね。学生時代は陸上競技をしていましたのでスポーツ関係の道に進むという選択肢もありましたが、ホテルでのアルバイト経験と父がホテルで働いていたことは大きかったです。

塩川:さまざまなご縁で「芝パークホテル」に入社され、そこからあらためてホテル人生がはじまったということですね。印象に残ったできごとはありますか?

林:ホテルの仕事はさまざまな面を持っています。私の場合は入社後すぐ、ベルボーイを担当して、その後に宿泊予約、フロントと12年ほど宿泊業務に従事しました。そして30歳を過ぎたときに、フレンチレストランを担当するよう辞令がくだりまして、横浜の「ホテルニューグランド」のメインダイニング「ノルマンディ」へ研修に行きました。フロントとはまったく違う世界ですので、通勤時間の2時間はずっと料理の勉強をしました。5年ほどフレンチレストランの支配人を務めたあと、「帝国ホテル」の「北京」という中華レストランの支配人を2年ほど務めました。

パークホテル東京

塩川:宿泊業からレストラン業務まで、ホテル業に携わるのであればどの部分も欠かせないということを、身をもって体験されたのですね。

林:そうですね。私はそのどちらをも経験したジェネラリストですが、今はなかなかそうした経験をする人が少ないですね。ですから、当時の社長に宿泊業務だけでなくレストラン業務も経験させていただき、その都度あたらしい勉強ができたことは、ありがたいと思っています。現在こうして総支配人をしていて、宿泊も分かるしレストランのことも分かる。そういう意味でジェネラルな知識が身についたのですね。特に、レストランでは料理について深く掘り下げることができましたし、お客さまと接する時間も非常に長いのでとても勉強になりました。その後、2000年に「パークホテル東京」を立ち上げるということで、開業準備室に戻ってきたのです。オープンしたのが2003年ですが、この3年間はものすごくホテルに関して勉強しました。

パークホテル東京 総支配人 林 義明

パークホテル東京 総支配人

林 義明

1957年東京都生まれ。日本大学商学部卒。 1981年芝パークホテル入社。ベルボーイからスタートして宿泊予約、フロント、フランスレストラン支配人などを経験。1998年中国料理「北京」帝国ホテル店支配人を経て、2000年パークホテル東京開業準備室長に就任。2016年現在、パークホテル東京総支配人。

パークホテル東京

パークホテル東京

東京都 > お台場・汐留・新橋・品川

目の前に東京タワーが、地平線には富士山頂が一望できるホテル。陽光を誘いながら東京の街を一望する大きな窓を備え、芸術観賞とホテルステイが一体になった空間が、それぞれのゲストの自由なの過ごし方を叶えてくれます。