ようこそ、Reluxへ

15万坪もの敷地をもつ国登録記念物の御船山楽園。その麓で御宿 竹林亭の代表が作り上げる唯一無二の空間について、革新的な取り組みやその想いを語っていただきました。

ゲスト

御宿 竹林亭 代表 小原 嘉久

御宿 竹林亭 代表

小原 嘉久

1975年佐賀県生まれ。大学卒業後、ホテルスクールを経て、旅行会社に入社。2003年(株)御船山観光ホテルに入社。2007年より代表に就任(御宿 竹林亭・御船山観光ホテル・御船山楽園)。現在に至る。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 取締役 塩川 一樹

株式会社 Loco Partners 取締役

塩川 一樹

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000施設以上の担当を歴任。2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。

DJから宿屋業へ――音楽と旅館の「共通点」

御宿 竹林亭

塩川:はじめに、小原さんのこれまでのお話をお聞きしたいと思います。

小原:私の祖父が、嬉野にあります和多屋別荘を購入したことで家業としての旅館業がスタートしました。そこで父が社長をしていたのですが、当時売りに出ていた御船山を父が購入し、武雄に移り住んだところで私が生まれたのです。そのときは御船山観光ホテルと御船山楽園を運営していたのですが、幼少の頃からずっと御船山の庭が遊び場のような感じでした。生い茂る夏草の香りで夏を、金木犀の香りで秋を感じるなど、においと季節が連動する感覚は身近に豊かな自然があったからインプットされていたのだと思います。今思えば、それが私自信の感性や美意識などにとても影響していたのだと思いますね。

御宿 竹林亭

塩川:四季の移り変わりを身近に感じていたのですね。その後はどうされたのですか?

小原:高校時代までは武雄にいまして、大学で福岡へ行きました。そこで音楽と出会ったのです。クラブに行ってはじめは聞く側だったのですが、そのうちDJをするようになりました。大学卒業後は東京YMCA国際ホテル専門学校に進学し、卒業後は父に「旅行会社で観光の勉強をしたらどうか?」と勧められ、東京の旅行会社に就職しました。しかし、私には合いませんでしたね。朝から晩まで働いて、終電にも乗れず、往復のタクシー代を払うために働いているような日々でした。そんな中、新宿にあるリキッドルームというクラブに有名なDJが毎週海外からきていて、週末にそこに行くことで自分を取り戻すような日々を送っていました。そこからだんだん音楽を自分の生業にしたいという気持ちが強くなり、旅行会社を1年で辞めて音楽の道に進みました。

塩川:大学時代に音楽と出会い、社会人になられてからは音楽が自分を取り戻す場所になったのですね。旅行会社を退職されたあとはどうされたのですか?

小原:そこからは、PAのアルバイトをしながらDJイベントを仲間と主催したり、自分で作曲した曲を音楽レーベルに送ったりしていました。そうしているうちに、父が持病の悪化から透析をはじめたのです。当時、会社の業績が落ち込んでいて、手伝いに戻って来てほしいと父から要望があり、28歳で武雄に戻って来ました。当時は自分が社長になるとは思っていなかったので、音楽活動と旅館の手伝いの両方をしようと考えていたのです。

塩川:28歳でこちらへ戻られて、最初は音楽に重きを置いていたものが、ここから旅館業にのめり込んでいくきっかけがあったのでしょうか。

小原:転換点は2つありました。1つは、当時旅館の業績が大きく傾いていたことです。そしてもう1つが、旅館と音楽との関連性です。旅館の料理や庭、建築、そしてサービスなどは「組み合わせ」と「バランス」が大切だと思ったのです。曲も同じように、ベースやドラム、シンセサイザーなどの楽器を組み合わせて、バランスを保ちながら作っていく作業なのですが、そうした点が旅館と音楽に共通しているなと思ったのです。また、DJはその場の空気を読んで盛り上げなければいけません。お客さまと自分の相性が合わないと1時間でも苦痛なわけですよ。流行りの曲ばかりを流しても個性がありませんので、DJというのはその場の空気を読みながら、自分の個性を出していく必要があります。それを長い時間軸で見ていくと、旅館の365日に通ずるのかもしれないと思ったのです。最初はよく分からなかった旅館業が、実は音楽と近くてクリエイティブなものと分かった瞬間に、すごくのめり込んでいったのです。そして32歳で代表になりました。

御宿 竹林亭

塩川:音楽と旅館経営はともに、お互いの理解がなければできないというところに通ずるわけですね。目の前のお客さまのことを理解しようとしなければ一方通行になってしまいますよね。

小原:そうですよね。だからその場を読む、空気を読む、リアルタイムの関係性の中で自分たちの個性を出しながら、お客様の気持ちも汲んで、媚びず驕らず「主客一如」の関係を築いていきたいですね。

御宿 竹林亭 代表 小原 嘉久

御宿 竹林亭 代表

小原 嘉久

1975年佐賀県生まれ。大学卒業後、ホテルスクールを経て、旅行会社に入社。2003年(株)御船山観光ホテルに入社。2007年より代表に就任(御宿 竹林亭・御船山観光ホテル・御船山楽園)。現在に至る。

御宿 竹林亭

御宿 竹林亭

佐賀県 > 嬉野・武雄

15万坪もの敷地からなる御船山楽園の中に佇む、「御宿 竹林亭」。壮大な御船山と、四季折々の自然に溶けこむように作られた宿は、まさに「庭屋一如」の世界。日本の四季を愛でる喜びを感じる旅にでかけませんか。