ようこそ、Reluxへ

Relux人気宿ランキング「Relux OF THE YEAR 2016」の九州エリアで1位に輝いた「草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた」。その人気の秘訣を語っていただきました。

ゲスト

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた 社長 日野 信介

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた 社長

日野 信介

昭和34年生まれ。21歳で結婚し、妻の実家である別府の旅館で働き始める。32歳で地元・湯布院に戻り林業へ転身し、そこで伐採した木材を使って「山荘 ゆむたの森」をオープン。その後、改築を進めて2012年に「草屋根の宿 龍のひげ」、2014年に「別邸 ゆむた」を完成。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 取締役 塩川 一樹

株式会社 Loco Partners 取締役

塩川 一樹

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000施設以上の担当を歴任。2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。

旅館業×林業の経験で生まれた宿

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた

塩川:まず、日野社長の幼少時代や、これまでの歩みを教えていただきたいと思います。

日野:私は畜産農家の長男で、牛飼いをしていました。幼少時代から活発で、魚を取りに行ったり、春は野いちご、秋は自然薯を掘りに行ったりもしていました。大きな図鑑を買って葉っぱを調べて、あの木は「柏」でこの木は「ゆずりは」で、という風に何種類もある樹木を学びました。この辺りの山の樹はほとんど熟知していますね。

塩川:そこからどのようにして旅館業への挑戦がはじまったのでしょうか?

日野:結婚した相手がたまたま旅館の娘で、彼女の母親が別府の北浜で宴会旅館を経営していたのですが、後継者がいないということで私に白羽の矢が立ったのです。牛飼いはできても、人に頭を下げてありがとうの一言も言えない21歳でしたが、慣れというのは怖いものです。旅館に入って3ヶ月ほど経った頃に社長(義父)が別館の経営を私たちに任せるということで、私と家内でやることになりました。しかし、それまで営業もかけていませんでしたので、お客さまがいないのですね。そして、その半年後くらいに営業活動を始めました。そのときに、お客さまに「宿までの送迎をしてほしい」と言われ、送迎ができないと商売にならないと思い、本館からマイクロバスを拝借してお客さまを呼び込みました。そこで6,7年勤めたあとは、本館の人が足りないということで、本館に勤めるようになりました。

塩川:本館ではどのような経験をされたのですか?

日野:本館はホテル形式で、45室ほどの規模です。家内の弟が社長をやっていまして、今でも立派な運営をしていますけれども、私はそこに7年ほどいました。その後、「夢たまて箱」という湯宿を新築する際に私も携わったのですが、大成功いたしまして今でもすごい数のお客さまが訪れていますね。しかし、私はその頃、旅館業がいやになってしまったのです。

塩川:そこで一旦、旅館業から身を引かれたわけですね?

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた

日野:はい。当時ちょうどそこに大きな台風が来まして、このあたりの杉山などは全て被害を受けてしまったのですが、周りに林業をする人がいませんでした。そこで、私は木の伐採の師匠について林業をやり始めました。はじめは木の伐採ではなくて苗木の根払いの人手が足りないということでしたが、それよりも木を切りたいという話をしました。私は勘がいいのかすぐに慣れまして、大きな営林署の木がある由布岳や鶴見山の伐採をするなど、それはそれで本当に楽しかったですね。

塩川:まず旅館業を経験され、そこから林業に転換されたのですね。その後、旅館業に戻ったきっかけはどのようなものだったのでしょうか?

日野:ちょうどその頃に大分自動車道の建設が始まり、伐採の仕事をすることになりました。伐採した木材は市場に出荷したり、自由に使えたりしたので、それで自分の家を建てるつもりだったのですが、せっかくなら民宿にしたらどうかと考えたのです。そして、「山荘 ゆむたの森」という一番目の旅館をつくりました。ほとんど自分で切り出した木を製材所に出して、それを使って大工さんに建てていただきました。私は生まれたときから自然と触れ合ってきましたので、この宿の庭木も自ら植えています。この時期はこの花が咲くだろうということを考えながら、ほとんど自分の好きな木を植えました。

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた 社長 日野 信介

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた 社長

日野 信介

昭和34年生まれ。21歳で結婚し、妻の実家である別府の旅館で働き始める。32歳で地元・湯布院に戻り林業へ転身し、そこで伐採した木材を使って「山荘 ゆむたの森」をオープン。その後、改築を進めて2012年に「草屋根の宿 龍のひげ」、2014年に「別邸 ゆむた」を完成。

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた

大分県 > 湯布院

湯布院の森の中に隠れ家のように佇む「草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた」。それぞれ趣の異なる10室の離れは、くつろぎの時を演出します。粋をつくした料理や、心あたたまるサービスで、訪れる多くの人から愛される宿です。