ようこそ、Reluxへ

旅館には絶対に戻りたくなかった――そう語るのは「季譜の里」の4代目。多様なカルチャーとのふれ合いから生まれた彼の想い、そして目指す未来をひもときます。

ゲスト

株式会社季譜の里 代表取締役社長 佐々木 慎太郎

株式会社季譜の里 代表取締役社長

佐々木 慎太郎

1976年、岡山県出身。湯郷温泉・季譜の里 4代目として、代表取締役社長を務める。大学卒業後、2年間の海外旅行を経験。帰国後、東京の出版社に勤務したのち岡山県へ戻り、家業である季譜の里を継ぎ現職。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 取締役 塩川 一樹

株式会社 Loco Partners 取締役

塩川 一樹

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000施設以上を担当。2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。

第1章 バンド、映画、そして旅に明け暮れた青春時代

季譜の里

塩川:佐々木さんの幼心には、どんな「宿の発祥の記憶」があるのでしょうか。

佐々木:この宿の前身は、湯郷温泉の「たけのや」という宿で、私の曾祖父母が昭和8年にはじめました。それから昭和48年に場所をここへ移転してできたのが「湯郷プラザホテル」。湯郷温泉で最初の「靴で上がれる旅館」で、当時の湯郷では珍しいホテル形式の旅館でした。私が生まれたのはその3年後の昭和51年。今の、季譜の里ができたのは平成14年です。

塩川:ご長男として誕生されたと伺っています。どのような幼少時代を過ごされたのですか。

佐々木:子どものときには宿の中を走り回ってかくれんぼをしたり、売店のジュースを飲んだり、土産もののきびだんごを食べたりしていましたね。中学生、高校生になってからはバンドを組んで音楽をしていました。

塩川:宿の中が遊び場という幼少時代を過ごされ、中学、高校時代は仲間とバンドに熱中されたのですね。中学3年生で一人暮らしをはじめられたとも伺っています。当時は、自炊などもされていたのでしょうか。

佐々木:はい。中学校3年生になり、絵を描きたいという理由から寮を出て一人暮らしをはじめたのです。小学生のときから父親も母親も仕事に出ていて家にいなかったので、料理を自分でつくって食べるということは、もともと自然にこなしていましたね。

塩川:たくましさを幼少期に身に着けていたわけですね。そうして中学から高校時代をすごされて、先の進路はどのように考えられたのでしょうか。

佐々木:バンドをしていたこともありまして、東京に行って音楽をしたかったのです。そこで、青山学院大学の第二経済学部に進学しました。そして大学でまたバンドをやろうと思っていたのですが、メンバーが見つからず映画研究会に入りました。高校のときから曲の詞や本を書いたりするのが好きで、同じように映画も好きでした。

塩川:クリエイティブな青年時代ですね。音楽は断念しても、佐々木さんの中ではなにかを生み出したいという気持ちは変わらずにあって、そこにのめり込んだ4年間だったのでしょうか。

佐々木:そうですね。映画研究会で映画を撮影するのですが、脚本を私が、カメラが好きな人がカメラマンを担当して映画を撮影していました。上映会があれば場所を借りて、告知のチラシをまいたり、企業に協賛をお願いしたり、4名ほどのメンバーで一生懸命やりましたね。ですが、先輩方が卒業されてからは映画研究会よりも海外旅行に夢中になりました。

塩川:興味の対象が、海外という広いフィールドに移り変わっていったのですね。

季譜の里

佐々木:映画や小説の影響で、自らその場所に行きたいと思いました。最初はアメリカ、次にメキシコ。そこで今の妻に出会いました。それが大学3年生の春休みで、卒業後にタイ、インド、ネパール、スペイン、モロッコなど33カ国を2年間かけてまわりました。

塩川:旅行から戻られて、「帰国後はいつか自分が実家の旅館を継ぐのだ」という気持ちはおありでしたか。

佐々木:旅館には絶対に戻らないという逆の気持ちがあり、東京の出版社に入社しました。親が敷いたレールの上を歩きたくないという気持ちがあったのだと思います。フリーランスになるための修行だと思い3年間勤めたのですが、実はその後、独立に失敗してしまったのです。そのためアルバイトをはじめたのですが、半年ほど経って、学生時代に行けなかったインド北部へ旅に出ました。実家に連絡を入れずにインドへ行っていたのですが、日本に戻り妻(当時の彼女)の家に帰ると、「母親が心配しているから電話するように」と言われ、実家に電話するとすぐに実家に戻るよう母に促されました。

株式会社季譜の里 代表取締役社長 佐々木 慎太郎

株式会社季譜の里 代表取締役社長

佐々木 慎太郎

1976年、岡山県出身。湯郷温泉の老舗旅館「季譜の里」4代目として、代表取締役社長を務める。大学卒業後、2年間の海外旅行を経験。帰国後、東京の出版社に勤務したのち岡山県へ戻り、家業である季譜の里を継ぎ現職。

季譜の里

季譜の里

岡山県 > 津山・美作三湯・蒜山

草花に圧倒され、四季を知る喜びを体感することができる、岡山県・湯郷温泉の一軒。湯郷の四季と和感の佇いを心から愉しむ、“なごみのひととき”を体験することができます。