ようこそ、Reluxへ

秘書やデザイナーなどの経歴を持ち、現在はザ・テラスクラブ アットブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズの支配人を務める新垣氏。「ブセナの母」と呼ばれるようになるまでの歩みや、「日本一のウェルネスリゾート」への展望を伺いました。

ゲスト

東京ステーションホテル 常務取締役総支配人 藤崎 斉

ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズ 支配人

新垣 瞳

1954年、沖縄県出身。1973年、コンピュータ関連企業に入社後、ハンドバッグデザイナーへ転身。1997年にザ・テラスホテルズ株式会社に入社。2003年にザ・ブセナテラス副支配人、2009年に執行役員に就任。2015年より現職。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 代表取締役 篠塚 孝哉

株式会社 Loco Partners 代表取締役

篠塚 孝哉

1984年生まれ。07年株式会社リクルート入社、11年9月に株式会社Loco Partnersを設立し、代表取締役に就任。2013年3月にReluxをオープン。趣味は旅行、ワイン、ランニング、読書など。

「ブセナの母」と呼ばれるまで

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

篠塚:ジ・アッタテラス クラブタワーズ/ザ・テラスクラブ アット ブセナの両施設で支配人を務められていますが、どのようにここまで進まれてきたのですか?

新垣:社会人生活の最初はコンピューター関連の会社で約7年、秘書業務と管理業務をしていました。それから全く別のお仕事でハンドバッグのデザイナーをしていました。

篠塚:今のお仕事とはかなり違うコンピューター関連の会社へ、というのはどういった思い立ちだったのでしょう?

新垣:実は私は大学に行かなかったんです。「何となく」で大学に行きたくはないと思って高卒で社会に出て、でもやっぱり社会人として一人前になるために大学は必要なんだと気付いて。それで浪人生活をしようと思った矢先にそのコンピューター会社の入社試験があって、受けてみたら通ってしまって。ですけど、やはり大企業にいると余計に自分の限界が見えるわけですよね。

篠塚:お仕事の内容だったり、昇進だったりということですよね。

新垣:今は違うんでしょうけれど、その当時、私がやらせていただいた仕事は今まで女性がやったことのがない、前例のないフィールドだったんですね。海外とのスケジュール調整や機会の取りあいなど、「タフな仕事で女性は無理だろう」と言われました。そういうものを一つずつクリアしていって達成感がある一方で、高卒のキャリアの限界が見えてしまった。社会では学歴が大きくものを言うのだと実感しました。会社自体は福利厚生なども素晴らしく、とても心地よい空間で、普通にお勤めするだけなら何の不満もない環境でした。でも、欲張りな私はもっと自分の可能性を広げたいと思い退職したんです。しばらくして、偶然のつながりで「ハンドバッグのデザインをやってみないか」と声をかけられて、バッグを使うことはできてもデザインは描けないのではないかという不安はあったものの、思い切って転職しました。

篠塚:まったく未経験の状態で、デザインを開始されて。

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

新垣:基本を学ぶために夜間のデザイン学校に行きました。まったく絵も描けない状態から勉強しましたがデザイナーとして才能がなく、3年間でアイデアは枯渇。絵が描けなくなってしまったんです。商業デザイナーだから会社からは「売れるものを作れ」と言われるけれど、できない。行き詰まった時に、雑誌社の方から「あなたはデザイナーよりも商品を売り込むような広報担当が向いているかもしれないよ」とアドバイスを受けて広報担当に異動。その後、広報のつながりで海外リゾートのお話を頂きました。

篠塚:それが「リゾート」に関わりはじめたきっかけだったのですね。

新垣:そうですね。「リゾート」は全く未知の領域でしたけれど、詳しく話を聞いてみるとオーストラリアで「この美しい地球を未来の子供達へ」というテーマで開発していると。

篠塚:それがすごく心に残ったのですか?

新垣:そうなんです。それで35歳から初めてリゾートに携わりはじめて。最初の1年間は、現地の方に開発プロジェクトのコンセプトを理解していただくための交流が主な仕事で、ずっとバーベキューなどをして過ごしていましたね。そのあと5年間くらいオーストラリアをベースに仕事をしたのですが、父が余命宣告を受けたため、仕事をやめて沖縄に帰ってきました。

篠塚:では、ザ・テラスホテルズ株式会社にはそのあとに就職されたのですね。

新垣:そうですね。沖縄に帰ってきた時に、沖縄ってこんなに素敵だったのかと改めて感じました。沖縄は環境資源や人的なポテンシャルはすごくあるのに、うまく表現できていない。それをもっとアピールできたらいいのにと思っていたところ、「ザ・ブセナテラス」の開業準備室でちょうど広報担当のお仕事に就くことがきました。その後、海外セールス、さらにサミットの準備室長を担当させていただいて、2003年に副支配人になってから12年が経ちます。

篠塚:そのポジションで成果をものすごく出されて、結果として今があると思うのですが、何を大切にされてきたのでしょうか?

新垣:ほとんど運に恵まれてここまできましたが、大切にしてきたことは「熱い思い」「志」「チームワーク」です。オーストラリアから帰って来た時に、生まれ島の沖縄で「何か自分が生きてきた証を残したい」と思いました。大げさに聞こえるかもしれませんが、独立系の地方のホテルが大きな目標をもって開業するという時、PR責任者としてこのホテルにかけた思いはとてもビジネスでは割り切れないものがあったんです。このホテルを愛し、すべてのスタッフを自分の子どものように思って接し、今まで一緒に歩んできました。ですから、一部のスタッフからは「ブセナの母」と呼ばれることもあります。母親的視点のマネジメントでは人はなかなか育たないとも言われますが、子どもを大きく突き放して成長させる父親的なリーダーはいっぱいいますから、母親的な人が一人くらいいてもいいかなと今はゆったり構えています。

ザ・テラスクラブ アット ブセナ ザ・テラスクラブ アット ブセナ ザ・テラスクラブ アット ブセナ
ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズ 支配人 新垣 瞳

ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズ 支配人 新垣 瞳

新垣 瞳

1954年、沖縄県出身。1973年、コンピュータ関連企業に入社。1983年にハンドバッグデザイナーへ転身。1989年よりオーストラリアでのリゾート開発の企画・広報に携わり、1997年にザ・テラスホテルズ株式会社に広報宣伝マネージャーとして入社。海外セールスマネージャーやサミット準備室長を歴任し、2003年にザ・ブセナテラス副支配人に、2009年に執行役員に就任。2015年現在、ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズの支配人を兼任。

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

沖縄県 > 本部・名護・国頭

一望できるのは、透き通るような青空と紺碧の海の絶景。"健やかな"ライフスタイルを提案する、クラブスタイルのウェルネスリゾートです。