Welcome to Relux

コンセプトは「ホリスティックなスパ」

ザ・テラスクラブ アット ブセナ

篠塚:ザ・テラスクラブ アット ブセナでは開業準備室から携わられているとのことですが、当初からコンセプトは明確にお持ちだったのでしょうか?

新垣:そうですね。2007年くらいから、次にホテルをオープンするとしたらテーマは「健康」というのはありましたね。社長や私たちのようなマネジメント側のスタッフが、そろそろシニア世代。だから、自分たち自身、健康に関する問題に直面してくるわけです。腰が痛いとか膝が痛いとか、そういう問題が出てくる年代になりましたが、いつまでも若々しくいたい、アンチエイジングに取り組みたいということが年代を超えた人間の願望です。健康はどれだけお金を払っても買えないですから、健康なうちに自分に投資して、メンテナンスして、自分の健康維持のために割く時間を持つことはこれから絶対に必要だとその頃から話していました。

篠塚:その後、2011年にオープンされるまではどんな流れで?

新垣:当初、もう少し早く開業を目指せたかもしれないんですけれど、2009年あたりでリーマンショックがあって。しばらく温めておいたんですね。それで、2011年の4月1日の開業を迎えることになったのですが、3月に東日本大震災があり、その時の日本中の状況や雰囲気を考えてレセプションも何もやらずに、静かにオープンしました。

篠塚:実は、私がLoco Partnersを創業したのも2011年なんです。まさに震災がきっかけで、震災の悲壮感を見て何かしなければと思いまして。そういった意味で、開業当時の大変さなども少し共感を覚えました。当時の状況として旅行に行くようなモチベーションが全体的に下がっていたと思いますが、いかがでしたか?

新垣:集客の状況としては大変難しかったです。最初の年は「ウェルネス」という方針を少しずつお客様に理解していただくことに注力しました。私たちが目指しているのは、タラソプールがあるだけのスパホテルではなくて、滞在することにより人間本来の健やかな心身を取り戻す本格的な「ウェルネス・ディスティネーション」ということで、最初からマーケットに浸透するまで時間がかかることは覚悟していました。

ザ・テラスクラブ アット ブセナザ・テラスクラブ アット ブセナ

篠塚:具体的にはどんなプランやプログラムがあるのですか?

新垣:タラソプールをコア施設としたタラソテラピーだけではなく、アーユルヴェーダやアロマセラピーもありますし、スパトリートメントのほかにも運動やヨガプログラムなどもあり、本物の「ホリスティックなスパ」を目指そうと考えています。基本となるのは運動、栄養、休養のこの3つのバランスを大事にするということ。この1~2年で、特に健康志向のお客様がぐっと増えました。あとは、誰でもある肩凝りや腰痛を日頃の疲れだから、と流してしまうのではなくて、それをきちんと治すことで内臓も元気になるというような気付きを滞在中に感じていただくなど、日常生活の見直しに繋がるご提案もあります。

篠塚:いま掲げられている「ホリスティックなスパ」、「ウェルネスリゾート」というコンセプトですと、みなさん何かをリセットしたりリラックスしに来られているわけですよね。

新垣:そうなんですよ。リセットしてチャージする、というイメージですね。お薬を使わないと眠れない方が、ここに滞在すれば、お薬を使わないでぐっすり眠れましたっておっしゃるんです。

篠塚:定期的に訪れるリピーターの方も多いのではないですか?

新垣:そうですね。3か月に1回くらいメンテナンスにいらっしゃるとか。開業から4年目ですけれど、20数回もお越しになっているリピーターの方や、ウェルネスを目的にお越しくださるお客様がいらっしゃるというのは、やっぱりすごく嬉しいですね。

ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズ 支配人 新垣 瞳

ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズ 支配人 新垣 瞳

新垣 瞳

1954年、沖縄県出身。1973年、コンピュータ関連企業に入社。1983年にハンドバッグデザイナーへ転身。1989年よりオーストラリアでのリゾート開発の企画・広報に携わり、1997年にザ・テラスホテルズ株式会社に広報宣伝マネージャーとして入社。海外セールスマネージャーやサミット準備室長を歴任し、2003年にザ・ブセナテラス副支配人に、2009年に執行役員に就任。2015年現在、ザ・テラスクラブ アット ブセナ/ジ・アッタテラス クラブタワーズの支配人を兼任。

The Terrace Club at Busena

The Terrace Club at Busena

沖縄県 > 本部・名護・国頭

一望できるのは、透き通るような青空と紺碧の海の絶景。"健やかな"ライフスタイルを提案する、クラブスタイルのウェルネスリゾートです。