Welcome to Relux

第3章 ラグジュアリーコレクションの始まり

塩川:いよいよ本題ですが、ウェスティンホテル仙台を経てこの翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都(以下、翠嵐)に着任された経緯を伺いたいと思います。

河本:マリオットのトップブランドであるラグジュアリーコレクションが日本に初進出すると聞き、是非やってみたいなと。当社オーナーから機会を頂戴したことと、場所がゆかりのある京都だったこともあり、総支配人に挑戦することにしました。

塩川:着任されてからの4年間を振り返ってみて、いかがですか。これまでの河本さんのキャリアが総動員されているのではないかと思っているのですが。

ザ・ゲートホテル

河本:日本初のラグジュアリーコレクションブランドですので、当初はチームの全員が「ブランド、ビジョン、コアバリューをどう日本国内に表現すればいいのか?」という状態でした。また、すでに確立されたブランドである京都という土地に外資系ホテルブランドを持ちこむことが、当地の歴史や伝統の発展にどのように貢献できるか、ラグジュアリーコレクションブランドならではの「新しい本物」をどうコミュニティの皆さんと発信していけるかが、フォーカスすべきポイントでした。

塩川:その土地では新参者なので、歴史や伝統への敬意をもって溶け込むための努力をされたと。

河本:嵐山の一等地をお預かりしてホテルビジネスをするにあたっては、「嵐山の一部として、嵐山にどう貢献できるか」を常に念頭に置くことを全ての意思決定のひとつの軸としています。それが、地域とともに発展できるホテル運営だと信じているからです。

ザ・ゲートホテル ザ・ゲートホテル

塩川:歴史ある嵐山に佇むこの建物は、実業家 川崎正蔵さんゆかりの建物ですね。どのように継承していくか、議論も多々あったのではないでしょうか。

河本:翠嵐のホテルコンセプトに「継往開来」を掲げています。これは、先人が作り、守り続けてきた歴史や伝統、文化などを現代に生きている我々が受け継ぎ、リノベートする。そして、我々が作ったものと融合させて新しいものを作りだす。それをさらに次の世代につなげていくことを表しています。翠嵐のように、建物はそのままに、内装にモダン要素を取り入れた改装でお客さまに提供できたことは、まさにコンセプトを形にできた結果だと考えています。

塩川:お客さまに提供する価値のもうひとつの鍵がホスピタリティだと思うのですが、接客のコンセプトはどう表現されているのですか。

河本:お客さまは、「京都のラグジュアリーコレクション」というブランドに対してどんな期待をお持ちなのか、その期待を良い意味で裏切る要素を常に持っているか、それをどのように発信しお届けできるのかは、常に頭にあります。例えば体験やその他の特別な「翠嵐にしかないもの」をどう言葉で表現してお客様にお伝えできるか。◯◯という体験があるとき、それがone of themではなく、嵐山の翠嵐にお越しいただけたからこそ体現できる「本物」であることをお伝えする。そのために、どんな言葉で伝えるかはグローバルとドメスティックの両面で大切にしています。名前に「ラグジュアリー」が入っている以上、「本物の体験を提供する」スタンスを大切にし、その上でお客さまとのタッチポイントの一つひとつを「与えられた貴重なひととき」にしながら、適切な言葉で“翠嵐プライド”を提供しようとスタッフに伝えています。

塩川:お客さまへ伝えたいことを言葉にしていく部分は、河本さんのアメリカでの原体験を、同じようにスタッフの皆さんに伝えているのではないかと思います。そして、もうひとつお客さまに体験価値を提供する以上は、自らも「本物」を理解するということを徹底されているのではないでしょうか。実際、スタッフの方から、付け焼き刃ではなく地域の伝統と文化を勉強していると伺う場面がありました。

河本:そうですね。昔から継承されてきた「本物」がある京都という恵まれた環境は、我々にとって変えがたく、ありがたいものです。このロケーションにいられることも、ラグジュアリーコレクションブランドを展開するうえでのひとつの重要なポイントですね。

ザ・ゲートホテル
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都  総支配人 河本 浩

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 総支配人

河本 浩

1970年生まれ。1997年渡米。米国の大学で観光業、ホスピタリティ経営学を学びながら、ホテルオペレーションに従事。2003年に帰国後、内外資のホテルで研鑽を積む。ウェスティンホテル仙台、東京マリオットホテルの総支配人を経て、2015年より翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル 京都の総支配人を務める(2019年2月28日時点)。

Suiran Luxury Collection Hotel Kyoto

Suiran Luxury Collection Hotel Kyoto

京都府 > 嵯峨野・嵐山・高雄

清らかな保津川の流れと悠久の稜線が織りなす、自然美を望む「別邸」。

Iraph SUI, a Luxury Collection Hotel, Miyako Okinawa

Iraph SUI, a Luxury Collection Hotel, Miyako Okinawa

沖縄県 > 宮古島・伊良部島

海や緑の豊かな自然に囲まれた伊良部島でも随一の「ラグジュアリーホテル」。