Welcome to Relux

坐忘林の世界観に魅了され、そのコンセプトを守り続ける関根氏に、「おもてなし」に向き合い続けたこれまでと、ニセコと坐忘林のこの先をお伺いしました。

ゲスト

坐忘林 総支配人 関根 隆清

坐忘林 総支配人

関根 隆清

1968年大阪生まれ。関西外大卒業後、西オーストラリア州に渡りホテル業界へ。94年にハイアットリージェンシー大阪に入社後、上海、サイパン、グアム、東京と国内外のハイアットホテル、リゾート、会員制クラブの料飲部に18年以上勤める。2016年に坐忘林の総支配人に着任。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 取締役 塩川 一樹

株式会社 Loco Partners 取締役

塩川 一樹

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000施設以上を担当。2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。

第1章 「バーテンダー」から「マネージャー」へ

塩川:最初に、関根さんのホスピタリティ領域でのお仕事の歴史をお伺いできますか。

坐忘林

関根:大学を卒業後、オーストラリアに渡り、バーズウッドホテル&カジノのVIPルームでバーテンダーとして1年近く勤めました。大学生の時も、芦屋のホテル竹園芦屋でアルバイトとしてバーテンダーをしていたので、バーテンダーがどんな仕事かは理解していましたが、それでも非常に良い経験ができましたし、海外での仕事の経験が、後々の自分の仕事のベースになっていると思います。

塩川:そうですか。いきなり海外に飛び出したということですね。

関根:飛び出しましたね。海外で仕事をしたいと若いころから思っており、それで飛び出しました。

塩川:オーストラリアのパースを選んだ理由はありますか?

関根:夕日を見るのが好きで、海に沈む夕日を見られるのが西海岸、という風に思っていました。それでシドニーではないなと思ったのと、ホテル竹園のバーのお客さまからご紹介という人のつながりもあり、行くしかないと。

塩川:なるほど。ちなみに、学生時代にホスピタリティ領域でアルバイトをすることになったきっかけはあったんでしょうか。

関根:実家がレストランを営んでおり、母がオーナーをしていました。なので、レストラン業界に入ることは抵抗がなく、すんなり入っていけました。

塩川:自然な選択だったんですね。腹落ちができてきました。まず最初のキャリアをオーストラリアの西海岸、パースのバーテンダーとしてスタートされ、1年で帰国されたと伺っています。

関根:そうですね。当時はワークパーミットを延長させるのが難しい時代で、そのまま名残惜しく帰国しました。帰国後はヒルトン大阪で1年間、バーテンダーとして仕事をし、その後ハイアットリージェンシー大阪の開業に携わりました。

塩川:大阪ではどんなキャリアを積まれたのですか?

関根:それまでの経験を活かして、若いスタッフを育てるバートレーナーを務めていました。チームリーダーのような役割です。アシスタントマネージャーに昇格になっても、引き続きバーの仕事をしていましたね。そんなある日、コーポレートトレーニングのトレーニーに選ばれるチャンスを頂き、コーポレートトレーニーとして1年間フルタイムのトレーニングに入りました。今でも恩師だと思っているアメリカ人の上司からこの話をもらったのですが、その時はマネジメントより職人としてとしてやっていきたい思いがあったので、とても悩みました。決められないまま、再度呼び出されて、満面の笑みで聞かれたときには「イエス」としか言えず、そのままコーポレートトレーニーになりました。

坐忘林

塩川:ホスピタリティ領域のプロフェッショナルになったり、周りを育てたりという方向性のキャリアだったのが、上司から提案を受けたのはジェネラリストとしてのキャリアですよね。その上司の方からは関根さんがどういう風に見えていたのか、何か思いはありますか?

関根:彼には、私が優れたバーテンダーであると思っていただいていたとは思うんです。ひょっとしたら日本人の従業員の中では、「こいつはちょっと英語がしゃべれるな」というところに、可能性を見出していただけたのかもしれません。

塩川:その先のキャリアはいかがですか?

関根:無事に全ての部署をまわるコーポレートトレーニングを終え、海外のハイアットに昇格をもって異動するというありがたい機会をいただきました。ちょうど30歳ぐらいの時で、和食のレストランマネージャーとしてハイアット リージェンシー サイパンに異動しました。

塩川:ここでまた海外での仕事が始まったんですね。

関根:そうですね。その直後に、そのアメリカ人の上司がグランド ハイアット 上海の開業で異動され、私にもビバレッジの統括サポートとしてお声がかかり、延べ3ヶ月半くらいの長期出張にいきました。初めての中国で、上海も成長が楽しい時だったので、本当に面白い経験をさせていただきました。サイパンに戻りますと、そこから3年間はレストランマネージャーとして仕事をしました。

坐忘林 総支配人 関根 隆清

坐忘林 総支配人

関根 隆清

1968年大阪生まれ。関西外大卒業後、西オーストラリア州に渡りホテル業界へ。94年にハイアットリージェンシー大阪に入社後、上海、サイパン、グアム、東京と国内外のハイアットホテル、リゾート、会員制クラブの料飲部に18年以上勤める。2016年に坐忘林の総支配人に着任。

Ryokan Zaborin

Ryokan Zaborin

北海道 > ニセコ・ルスツ

ニセコの大自然に囲まれ、ひっそりと隠れ家のように佇む宿。この地でしか味わえない体験を五感でおたのしみください。