Welcome to Relux

伊勢志摩の自然とともに、変わらず愛され続ける料理をご提供する総料理長・樋口氏。これまでのご経験、そして、志摩観光ホテルのレストランとして目指していきたい姿についてお話いただきました。

ゲスト

志摩観光ホテル  総料理長 樋口 宏江

志摩観光ホテル 総料理長

樋口 宏江

三重県四日市市生まれ、1991年志摩観光ホテル入社。「ラ・メール」シェフを経て2014年、志摩観光ホテル第7代総料理長となる。2016年には「G7伊勢志摩サミット」ワーキングディナーを担当。三重の豊かな素材と生産者への感謝の気持ちを込めた料理を発信している。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 取締役 塩川 一樹

株式会社 Loco Partners 取締役

塩川 一樹

1979年生まれ、立命館大学経済学部卒。株式会社ジェイティービーを経て、株式会社リクルートへ中途入社。旅行事業部にて、首都圏・伊豆・信州エリア責任者を歴任し約2,000施設以上を担当。2012年7月より株式会社Loco Partners取締役に就任。

第1章 「作りたい」の先にあった料理人

塩川:最初に、樋口さんのこれまでの歩みや、料理の道を目指すターニングポイントになった部分をお伺いできますか。

樋口:小さい頃から、家で作る料理の手伝いや、作ってもらったおやつを食べることが好きだったので、作ることが自分の仕事になればいいな、と思っていました。なので、わりと早い時期から、料理人を目指そうと思っていました。図書館で借りてきた本を見ながら作ったお菓子を、友達や家族に食べてもらい、「美味しい」と言ってくれる、その言葉に嬉しさを感じていたのが原点です。

塩川:ご家族に料理を振舞ったり、食べる美味しさを語り合ったりすることが日常としてあって、それに幸せを感じていたのですね。そこから料理の道に入られるきっかけは何だったのでしょうか。

志摩観光ホテル

樋口:小学生の頃にあった「料理天国」というテレビ番組で、料理の監修をされていたのが、後々料理を学んだ辻調理師専門学校でした。その頃は、フランス料理をいただく機会が日常にはなかったので、美味しいものを食べ歩くシーンや、先生方がお料理を作る姿を見て、フランス料理はどんなお料理なのだろうか、自分も作れるようになったらいいな、という憧れの気持ちを抱きました。それで、幼いころから調理師学校に行きたいと思っていました。

塩川:身近な料理から、その先に続いていくイメージが小学生の頃に出来上がったのですね。

樋口:そうですね。テレビで見たものを、「どんな味なのだろう」と想像したり、「作れるようになりたい」と思っていましたね。

塩川:辻調理師専門学校はどういった学びの時間だったのでしょうか。

樋口:元々料理が好きで専門学校に行きたい、という強い思いを持っていたので、毎日の授業が本当に楽しかったです。新しいことを知る日々でしたし、周りのみんなも料理人を目指していたので、語り合いながら学ぶことができました。

塩川:料理のことに触れる毎日に発見があって、周りの人との対話の中で、より、料理人を目指していく気持ちを極めて、さらに上昇していくような、すごく豊かな時間だったのですね。地元でのご就職となった、志摩観光ホテルに入社されるまでのきっかけや思いをお伺いできますか。

樋口:元々は、自分の家で、1日1組のお客さまにお料理をご提供するような小さなお店を持ちたい、というのが夢でした。ただ、それは学校を卒業してすぐにできることではなく、どこかに就職して、勉強をする必要がありました。私が専門学校を卒業する頃は、35人のクラスメイトのうち、女性が3~5人ほどしかいませんでした。料理人を目指す女性が少ないように、受け入れていただけるような企業も今ほど多くはありませんでした。実家に近い三重県内で就職できればと思っていたところ、先生が「志摩観光ホテルは女性も応募できるよ」と推薦してくださいました。もちろんその時、先々代 総料理長の高橋忠之さんもとても有名でしたので、そこで仕事をさせていただけるなら、と試験を受けました。迷いはありませんでした。

志摩観光ホテル  総料理長 樋口 宏江

志摩観光ホテル 総料理長

樋口 宏江

三重県四日市市生まれ、1991年志摩観光ホテル入社。「ラ・メール」シェフを経て2014年、志摩観光ホテル第7代総料理長となる。2016年には「G7伊勢志摩サミット」ワーキングディナーを担当。三重の豊かな素材と生産者への感謝の気持ちを込めた料理を発信している。

Shima Kanko Hotel The Classic

Shima Kanko Hotel The Classic

三重県 > 志摩

戦後初の国内リゾートホテルとして、1951年開業。多くの賓客をお迎えしてきました。歴史と伝統の中で受け継がれてきた「おもてなしの心」でお迎えします。

Shima Kanko Hotel Bay Suite

Shima Kanko Hotel Bay Suite

三重県 > 志摩

夕暮れが映える大人のリゾート。英虞湾の美しいリアス式海岸と萌える緑に包まれた伊勢志摩国立公園の中に佇み、非日常のリゾートステイを叶えてくれます。