ようこそ、Reluxへ

水道橋に佇む、庭のホテル 東京。「心からくつろげる場所」を目指しながらも万人受けは狙わない独自のスタイルについて、総支配人の木下氏が語ります。

ゲスト

庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役 木下 彩

庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役

木下 彩

1960年、東京都出身。上智大学を卒業後、株式会社ホテルニューオータニに入社。同社を退社後、1994年に株式会社東京グリーンホテル(現 株式会社UHM)に入社、取締役に就任。1995年に代表取締役に就任。2011年より庭のホテル東京の総支配人を兼務。2013年に「ホテリエ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 代表取締役 篠塚 孝哉

株式会社 Loco Partners 代表取締役

篠塚 孝哉

1984年生まれ。07年株式会社リクルート入社、11年9月に株式会社Loco Partnersを設立し、代表取締役に就任。2013年3月にReluxをオープン。趣味は旅行、ワイン、ランニング、読書など。

心からくつろげる場所の実現のために

庭のホテル庭のホテル

篠塚:木下さんのホテルでのキャリアの始まりは、大学をご卒業されてから1982年にホテルニューオータニに入られたことだと伺っていますが、どのようなきっかけだったのですか?

木下:実は、最初は「どうしてもホテルで働きたい」と考えていたわけではありませんでした。大学で英語を専攻していたので、英語を活かせる仕事がしたいと漠然と考えていたのですね。ただ、もともと実家が昭和10年創業の旅館で、私が就職した当時は事業転換しビジネスホテルとして運営していましたので、宿泊業への親近感はもちろんありました。ホテルニューオータニではフロントを担当していました。当時はバブル景気に湧いた時代でしたので、2000室以上の客室がしばしば満室になり、ひたすら忙しい中で与えられた仕事を一生懸命やることで精一杯でした。与えていただいたものを喜んでやる、という姿勢がベースにあって今に至ります。また、その時に一緒に働いていた先輩や後輩とは今もつながっていて。部活の仲間のような感覚ですね。その人脈も、今になって仕事の役に立っています。

篠塚:それから、これまでずっとホテル業に携わってこられたのですか?

木下:専業主婦やホテルとは関係のないアルバイトをしている時期もありました。結婚をきっかけにしてホテルニューオータニを退職したのですが、当時は20歳代で結婚をして辞めることが普通の時代だったのですね。退職後は、現在当社の常務である夫とともに母の実家である静岡のホテルを2年ほど手伝っていました。その後、平成元年に「東京グリーンホテル水道橋」(庭のホテル 東京に建て替える前のホテル)の増築工事や出産を機に東京へ戻り、私はしばらく専業主婦をしておりました。2〜3年が経った頃に、「このままずっと専業主婦でいるのも物足りないな」と感じて仕事を探し始めたのですが、母に反対されてしまって。母は私たちが小さい頃は旅館の若女将の立場でしたから、本当はもっと子どもの面倒をみてあげたかったという気持ちがあったのだと思います。

篠塚:お母様は、静岡から東京へと環境も変わった中で子育てと仕事を両立させるのは難しいと感じていたのかもしれないですね。

木下:そうですね。実は、母の会社へ入るという方法もあったのですがあえて断りました。というのも、当時の当社には小さな子どものいる女性がおらず、私が入社した場合に子どものことで急に早退したり休んだりして「社長の娘だから勝手なふるまいをしている」と思われたりすることは、今後当社にも現れるであろう子育て中の女性社員のためにも良くないと考えたのです。それで、自分で仕事をさがして個人事務所の秘書をしておりましたが、そのうちに母の体調が悪くなって。しかし、教員をしている兄たちは仕事を離れられないということで未経験ながら私が代表として跡を継ぐことになりました。

篠塚:しばらくホテルとは違う仕事をされていて、さらにまったくの未経験で会社の代表になられたということですが、未知の業務をどのように乗り越えてこられたのですか?

木下:現場には経験の長いスタッフが揃っていたので任せられることは任せながら、社長業について一歩ずつ学んでいきました。初めの数年間は、幹部に助けてもらってそれまで通りの営業を続けていけば何とかなるだろうと思っていたのですが、やがてそれではまずいのではないかと感じるようになったのです。さらに、周囲には競合にあたるホテルも増えていき、このままでは古くて客室の狭いホテルは安売りするしかなくなる、何か新しいことを考えなければと思うようになりました。

庭のホテル

篠塚:それから、いよいよ庭のホテル 東京の構想が始まったのですね。機能的なビジネスホテルが一斉に増えていった時期でもあったと思いますが、どのようにコンセプトメイクをされたのですか?

木下:具体的にリニューアルのコンセプトメイクを始めたのは、2004年頃のことです。東京グリーンホテル水道橋はビジネスホテルとしての立地は悪くなかったのですが、自分がお客様の気持ちになるとしたら「便利ならいい、寝られればいい」ではなく、「心からくつろげるホテルがほしい」と考え始めたのですね。資金力はなくとも、他のビジネスホテル等とは違う個性をきちんと作り込んでいけば、10年、20年経っても安売り競争には巻き込まれないのではないかとも考えました。それからのコンセプトメイクは、私がすべてを主導するのではなくコンサルタントや幹部、兄たちとも話をしながら完成させました。

庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役 木下 彩

庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役 木下 彩

木下 彩

1960年、東京都出身。上智大学を卒業後、株式会社ホテルニューオータニに入社。同社を退社後、1994年に株式会社東京グリーンホテル(現 株式会社UHM)に入社、取締役に就任。1995年に代表取締役に就任。2011年より庭のホテル東京の総支配人を兼務。2013年に「ホテリエ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

庭のホテル 東京

庭のホテル 東京

東京都 > お茶の水・湯島・九段・後楽園

“江戸の粋”がコンセプトの美しい室礼が魅力の、庭のホテル 東京。伝統とモダンの調和のなかで居心地の良い滞在を愉しむことができます。