Welcome to Relux

あえて、「万人受け」しないことを。

篠塚:機能的であることが重要視されていた時代に「気持ち良さ」を重視することは、主流派ではないですよね。それに対する反発はなかったのでしょうか。

木下:もちろん反発はゼロではなく、「上手くいくわけがない」という声もごく一部にはありました。それでも、幹部との話し合いもしていましたから、ありがたいことにほとんどのスタッフが素直に提案を受け入れてくれました。

篠塚:皆の反発を押し切って、ということではなく、チーム全体で最初から話し合っていかれたのですね。コンセプトができあがるといよいよ具体的な準備も始まりますが、その段階ではどのような役割で仕事をされていたのですか?

木下:開業準備室ができてからは、どういう備品を導入しよう、どういうサービスをしようかとみんなで具体的に考えていきました。ホテルを2年少々お休みしている間は、その機会にということで留学したスタッフもいましたし、海外のホテルで経験を積みたいというスタッフもいましたが、みんな庭のホテル2年目東京のオープン時には戻ってきてくれました。

庭のホテル 庭のホテル 庭のホテル

篠塚:お聞きしていると、チーム力というか、従業員の方のロイヤリティがとても高い印象を受けますね。

木下:居心地が良い会社だからかもしれません。新卒で入社以来、ずっとこの会社にいるスタッフも多くいますが、生え抜きで自分のホテルしか知らないとどうしても世間が狭くなってしまいますし、世間の荒波にも揉まれることはありません。だから、私が勤めていたホテルニューオータニや知人のいるホテルへ勉強しにいってもらったりもしました。他のホテルを内側から見させていただく機会はなかなか無いので、休業中の2年間が良い勉強の機会になりましたね。

篠塚:通常はデメリットになりそうな2年間の休業が、反対にスタッフの方の成長を促す機会になったのですね。実際にオープンされてからの状況はいかがでしたか?

木下:リニューアルを計画していた時はこれから景気が良くなるという見通しだったものが、開業前年にリーマンショックがあり、状況は苦しいものでした。特に庭のホテル 東京は知名度もなかったので、まずどのようなホテルかを知っていただくことが大変でしたし、開業から1年経っても稼働率は50%前後でした。しかし、私は庭のホテル 東京は本当に良いホテルだと信じていて、その良さを知っていただけたなら必ずお客様は来てくださると思っていました。ですから、いかにしてホテルのことを知ってもらうかがとにかく大事だ、そこさえクリアすれば絶対にうまくいくはずだと思っていました。

篠塚:苦しい時期を乗り越えられて、何年目から順調に滑りだしたのですか?

庭のホテル

木下:開業年の秋にはミシュランガイドに載って、きちんと認めてもらえたという喜びがありました。だからといって急にお客様が増えたわけではないのですが、自信を持たせてくれた1つの要因ではありましたね。2年目からは海外のお客様も増えてきたのですが、そこで震災がありました。震災後は価格を下げて販売するホテルも増えましたが、「庭のホテル 東京はそういう価格帯のホテルなんだ」というブランドを作ってしまうのは絶対に避けるべきだと思い、価格は下げませんでした。そうしているうちに、マスコミや旅行業界関係の方から「庭のホテル 東京って良いよね」という評価を頂いたり、注目していただくことが多くなってきましたね。

篠塚:未だに、「庭のホテル 東京は良い」という声は大変多くお聞きします。その頃になって、木下さんのコンセプトがようやく認知されてきたのかもしれませんね。

木下:仰るとおり、庭のホテル 東京の認知度はだんだんと上がってはきましたが、私が大事だと思っているのは、みんながみんな良いと思わなくても良いということです。「万人受けする=万人にとってそこそこ良い」ということですから、全員でなくとも一部の方に「すごく良い」と感じていただけたならそれで十分だと思っています。

庭のホテル
庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役 木下 彩

庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役 木下 彩

木下 彩

1960年、東京都出身。上智大学を卒業後、株式会社ホテルニューオータニに入社。同社を退社後、1994年に株式会社東京グリーンホテル(現 株式会社UHM)に入社、取締役に就任。1995年に代表取締役に就任。2011年より庭のホテル東京の総支配人を兼務。2013年に「ホテリエ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

Hotel Niwa Tokyo

Hotel Niwa Tokyo

東京都 > お茶の水・湯島・九段・後楽園

“江戸の粋”がコンセプトの美しい室礼が魅力の、庭のホテル 東京。伝統とモダンの調和のなかで居心地の良い滞在を愉しむことができます。