ようこそ、Reluxへ

伊豆・稲取の海辺の宿、食べるお宿 浜の湯。「食べること」を原点とするこの宿の代表 鈴木氏に、旅館のおもてなしをさらに向上させるための取り組みや、めざしていくべき未来を伺いました。

ゲスト

庭のホテル 東京 総支配人/株式会社UHM 代表取締役 木下 彩

食べるお宿 浜の湯 代表取締役社長

鈴木 良成

1964年、静岡県出身。当時釣り宿(民宿)だった「浜の湯」の長男として生まれ、大学卒業後2年間、山形県にて旅館業の修行を積む。その後「浜の湯」へ戻り、設備投資などを通じて施設の拡大に寄与。2008年より代表取締役社長を務める。

インタビュアー

株式会社 Loco Partners 代表取締役 篠塚 孝哉

株式会社 Loco Partners 代表取締役

篠塚 孝哉

1984年生まれ。07年株式会社リクルート入社、11年9月に株式会社Loco Partnersを設立し、代表取締役に就任。2013年3月にReluxをオープン。趣味は旅行、ワイン、ランニング、読書など。

はじまりは小さな釣り宿から

食べるお宿 浜の湯

篠塚:食べるお宿 浜の湯のはじまりは、小さな釣り宿だったと伺っています。鈴木社長のこれまでの人生と浜の湯がどのように寄り添い合ってきたのか、お聞かせください。

鈴木:浜の湯は銭湯と釣り宿からはじまりました。私が小学校3年生の頃には銭湯をやめて旅館になり、中学2年生のときには現在の場所に移転してきましたが、実は私は浜の湯を継ぐ気はなかったのです。20部屋の小さな旅館に将来性があるようには思えませんでしたし、子供の頃は家族揃って食事をすることがなかったという思い出もあり、旅館を継ぐことだけはしたくないと思っていました。父には好きなようにしなさいと言われて東京で大学生活を送っていましたが、祖父が「長男のくせに商売を継がないとは」と、東京まで出てきまして。それで5年でも6年でも、ひとまず実家に戻って手伝いをしようと考え直したのです。それからホテル専攻科のある専門学校に通い、その後は山形の旅館で2年間修業をさせてもらいました。

篠塚:もともと継ぐつもりのなかった浜の湯に戻って来られて、そこで鈴木社長を旅館業に目覚めさせたものとは何だったのでしょうか。

鈴木:戻って早々に、修業させていただいた山形の旅館と浜の湯との客層の違いに衝撃を受けました。山形の旅館は団体の比率が高かったのですが、浜の湯はリピーターの個人客しかいなかったのです。そのリピーターのお客様との関わり方というのがとても温かくて。お客様と宿屋との関係を超越した親密な関係が、おもしろかったのです。それが旅館業に興味を抱いた一番の理由でした。しかし当時は建物も老朽化していて、設備投資をしようという話ばかりしていましたね。

篠塚:設備投資をして、より良い旅館にしようというビジョンに向かって動き始めたということですね。当時の浜の湯はどんな宿だったのですか?

食べるお宿 浜の湯

鈴木:改築前の浜の湯は、広告宣伝費やアメニティにはお金をかけず、とにかく料理にこだわっていました。例えば舟盛りですね。舟盛りよりも姿造りの方が大きくて、しっぽが飛び出ているのです。また、当時の稲取の最高級魚だった黒ムツの中でも脂の乗った良いものばかりを仕入れ、浜の湯に行かなければ黒ムツを食べられないという状況をつくったのです。それが、広告宣伝費0円で年間フル稼働という結果につながりました。バブル崩壊後の貸し渋りが蔓延する時代に、大手旅行会社に協定を結んでもらえないほど小さな宿に22億円もの融資が下りたのはそのためです。

篠塚:融資をきっかけに、平成7年に現在のようなかたちでリニューアルオープンされたのですね。そこに至るまでに悔しい経験をされたとお聞きしましたが、具体的にはどのようなことがあったのでしょうか。

鈴木:小グループや団体のお客様を獲得するために旅行会社に営業に行ったときのことです。事務所で営業マンに対してパンフレットを広げて説明をし終え、カウンターの方にもよろしくとお話をしているときでした。先ほどの営業マンの方が、私の目線に入るところでパンフレットをゴミ箱に放り投げたのです。「地方の小さな旅館が来ても使うわけない」ということを態度で示されてしまったのです。

篠塚:その悔しさを乗り越えて、平成7年のリニューアル時には44部屋に増築されて。その後、平成14年に6億円、19年に8億円、22年には3億円をかけて増築をされたのですよね。昔からのリピーターのお客様の反応はいかがでしたか?

鈴木:リニューアルオープン後は、リピーターの方に助けていただきました。平成7年11月のグランドオープン時、その中旬から伊豆半島で群発地震が起きて稲取の辺りはどの旅館も稼働が低下してしまいましたが、浜の湯だけはリピーターのお客様のおかげでほぼ満室でした。融資を返済するための売上目標も大きく上回り、そうした意味でもリピーターの方々には本当に助けられました。

食べるお宿 浜の湯
食べるお宿 浜の湯 代表取締役社長 鈴木 良成

食べるお宿 浜の湯 代表取締役社長 鈴木 良成

鈴木 良成

1964年、静岡県出身。当時釣り宿(民宿)だった「浜の湯」の長男として生まれ、大学卒業後2年間、山形県の「観松館」にて旅館業の修行を積む。その後「浜の湯」へ戻り、1995年(22億円)、2002年(6億円)、2007年(8億円)、2010年(3億円)の設備投資などを通じて施設の拡大に寄与。2008年より代表取締役社長を務める。

食べるお宿 浜の湯

食べるお宿 浜の湯

静岡県 > 東伊豆

名物・稲取金目をはじめ、新鮮な魚介類を余すところなく提供する「食べるお宿」。目の前の海を眺めながら、美食を味わえる一軒です。