ページを読み込んでいます。0%

ことへいあんのやど かなで
古都平安の宿 奏

旅館
  • 京都府 > 祇園・東山

施設の紹介

「古都平安の宿 奏」は、閑静な住宅街の中に佇む料理旅館。
”隠れ家”という言葉がぴったりのこの場所、
「おかえりなさいませ」という声が聞こえてきそうです。

お料理は、四季折々の彩を感じられる懐石料理をフルコースでどうぞ。
京都の厳選素材を揃え、伝統と革新が織りなす逸品が並びます。

窓の外には、季節ごとに表情を変える純日本庭園が。
心を無にして眺めていると、特別感が日常に溶け込む瞬間が訪れます。
あなただけに用意された至福の時間を、心ゆくまでご堪能ください。      
続きをよむ
閉じる

部屋タイプ一覧

レビュー

Reluxグレード

都道府県下を代表する、特にオススメの宿泊施設。

レビューの総合点 (3件)

3.7/5

5点

33%

4点

33%

3点

-%

2点

33%

1点

-%

項目別の評価

部屋4.0/5

風呂3.3/5

朝食4.7/5

夕食5.0/5

接客・サービス3.0/5

その他の設備3.7/5

M.Nさん(48歳)

総合点:

宿泊日:2018-04-14

ご飯が思った以上に豪勢で美味しかった。ご馳走さまでした

ご飯が思った以上に豪勢で美味しかった。ご馳走さまでした

T.Oさん(47歳)

総合点:

宿泊日:2018-03-17

コスパ最高。

コスパ最高。

Y.Sさん(37歳)

総合点:

宿泊日:2018-02-10

お食事の質は素晴らしかったのですが、とにかくサービスレベルが値段に見合いませんでした。 二泊三日、二食付きのプランであるにもかかわらず、二日目夜、子供の食事だけが一向に出て来ず、尋ねると「お子様分は代金を頂戴していないので」と。(間違... 続きをよむ お食事の質は素晴らしかったのですが、とにかくサービスレベルが値段に見合いませんでした。 二泊三日、二食付きのプランであるにもかかわらず、二日目夜、子供の食事だけが一向に出て来ず、尋ねると「お子様分は代金を頂戴していないので」と。(間違いなくお支払いしていますし、初日と二日目の朝までは普通にお食事が出て来ました。) 無論、先方のミスですが、大人の食事が終盤に差し掛かってから、きちんとした経緯説明もなく「お兄ちゃんごめんね〜」と子供にだけ仲居さんがゆるーく謝りながら御膳を持って来ました。 他の仲居さんも、注文の際とは異なる銘柄のお酒をサーブしたりタバコ臭かったりと、どなたも良い印象はありません。 新しい宿泊施設のようですが、接客のマニュアル等が整っていないような、随所随所での不快感があり、残念ですがお値段とは全く見合いません。 フロントの男性の接客は、言葉遣いも対応もフランク過ぎてカジュアルな安宿に泊まりに来たかのようでした。 また、屋上に予約制の貸切露天風呂があるとのことでしたが、仲居さんに尋ねたところ、寒いのでオススメしない、と、それならば何故そのような設備があることをうたっているのでしょうか。 他にも、観光についてお尋ねしても、よく知らない、とのことで、この時期にやっていない川下りをすすめられたりしました。 メジャーな観光地であるにもかかわらず、この宿に接客のプロフェッショナルは居ないという印象で、気持ち良く過ごすことは出来ませんでした。 お食事について、お味は素晴らしかったのですが、初日の夜に子供に出して頂いた内容が、そっくりそのまま翌日の朝ご飯に出て来て、子供にとっては前夜と全く同じメニューだった点は、どうかと思いました。大人のメニューも朝は二日ともほぼ同じなど、食材やメニューの重複が目立ち、この宿における唯一の楽しみであるお食事への楽しみも二日目からは薄れてしまったので、連泊はオススメ出来ません。 少なくとも、我が家は今後京都を訪れる際にこちらにお世話になることはもう無いと思います。

お食事の質は素晴らしかったのですが、とにかくサービスレベルが値段に見合いませんでした。 二泊三日、二食付きのプランであるにもかかわらず、二日目夜、子供の食事だけが一向に出て来ず、尋ねると「お子様分は代金を頂戴していないので」と。(間違いなくお支払いしていますし、初日と二日目の朝までは普通にお食事が出て来ました。) 無論、先方のミスですが、大人の食事が終盤に差し掛かってから、きちんとした経緯説明もなく「お兄ちゃんごめんね〜」と子供にだけ仲居さんがゆるーく謝りながら御膳を持って来ました。 他の仲居さんも、注文の際とは異なる銘柄のお酒をサーブしたりタバコ臭かったりと、どなたも良い印象はありません。 新しい宿泊施設のようですが、接客のマニュアル等が整っていないような、随所随所での不快感があり、残念ですがお値段とは全く見合いません。 フロントの男性の接客は、言葉遣いも対応もフランク過ぎてカジュアルな安宿に泊まりに来たかのようでした。 また、屋上に予約制の貸切露天風呂があるとのことでしたが、仲居さんに尋ねたところ、寒いのでオススメしない、と、それならば何故そのような設備があることをうたっているのでしょうか。 他にも、観光についてお尋ねしても、よく知らない、とのことで、この時期にやっていない川下りをすすめられたりしました。 メジャーな観光地であるにもかかわらず、この宿に接客のプロフェッショナルは居ないという印象で、気持ち良く過ごすことは出来ませんでした。 お食事について、お味は素晴らしかったのですが、初日の夜に子供に出して頂いた内容が、そっくりそのまま翌日の朝ご飯に出て来て、子供にとっては前夜と全く同じメニューだった点は、どうかと思いました。大人のメニューも朝は二日ともほぼ同じなど、食材やメニューの重複が目立ち、この宿における唯一の楽しみであるお食事への楽しみも二日目からは薄れてしまったので、連泊はオススメ出来ません。 少なくとも、我が家は今後京都を訪れる際にこちらにお世話になることはもう無いと思います。

施設・サービス

施設名

古都平安の宿 奏

住所

京都府京都市左京区岡崎法勝寺町1-2 [地図をみる]

チェックイン/チェックアウト時間

15:00 / 11:00

宿泊プランにより異なる場合がございます。

クレジットカード

VISA/MASTER/AMEX/JCB/DINERS/NICOS/銀聯/UFJ/UC/DC

総部屋数

20室

レストラン

■- 【奏】の魅力 -■
京都という雅やかな食が集うその地で、
美味を謳う職人のハードルは、高く高く――
恥じぬ食事を皆さまにお贈りする責務がございます

その誇りのもと、私どもが擁する料理長、
“生粋の職人”は技を磨き40年以上
各界の著名人・要人も足しげく通う事実が裏付ける見事な腕前
他にはない、群を抜いた食の出逢いをお愉しみください
続きをよむ
閉じる

お風呂

■- 屋上貸切風呂 -■
景観がことなる、『3種の貸切風呂』 をご用意
“京の山々を望む” お風呂や
“街並みの灯りを遠くに見る” お風呂など
カップルやファミリーのご利用にオススメでございます
続きをよむ
閉じる

その他の施設情報

■- あなたの隠れ家 【奏】 -■
閑静な住宅街に佇む、京都らしい 【和風旅館】
しかし、少し歩けば主な観光地へのアクセスも抜群!
あなたの隠れ家に最適なパフォーマンスでございます

>>時代祭のはじまり「平安神宮」まで徒歩 約5分
>>紅葉の名所「南禅寺」まで徒歩 約10分
>>桜の名所「岡崎桜回廊」まで徒歩 約10分
>>地下鉄東西線 蹴上駅から徒歩 約10分
続きをよむ
閉じる

ご案内

■- 食のおもてなし -■
「職人が作る料理は、無個性だ。
    召し上がるお客様が食して、ようやく個性がうまれる」

名物料理長が掲げる、食への信念のもと
当館のお食事はお客様を主役に、
その日、1番おいしい食材だけで揃えております
ですので 『毎日異なる食材』 を
『毎日異なる調理法』 で。
何度きても新しい、美味との出逢いをお約束
続きをよむ
閉じる

注意事項

<宿泊税について>
京都市条例により平成30年10月1日から1人1泊当り宿泊税(20000円未満:200円、20000円以上50000円未満:500円、50000円以上:1000円)別途頂きます。
続きをよむ
閉じる

特徴

  • 入湯税
  • お子様の宿泊
  • ルームサービス
  • 送迎サービス
  • パーキング
  • 温泉
  • 源泉掛け流し
  • 露天風呂付き客室
  • 大浴場
  • 貸切風呂
  • プールあり(屋内)
  • プールあり(屋外)
  • エステ・スパ施設
  • フィットネス施設
  • バリアフリー対応
  • 駅から徒歩5分以内
  • ペットもOK
  • お部屋で朝食
  • お部屋で夕食
  • 大浴場に露天風呂
  • 夜景自慢の客室
  • 海がみえる客室
  • 離れ/コテージ
  • 割引が使える

施設の特徴は一般的な設備を表すもので、宿泊施設によって設備内容やサービスの範囲は異なります。詳細は宿泊施設へ直接ご確認のうえ、ご予約くださいませ。

アクセス

公共交通機関でのアクセス

地下鉄東西線「蹴上駅」2番出口から徒歩約10分

お車でのアクセス

名神高速道路「京都東IC」約15分

京都府京都市左京区岡崎法勝寺町1-2

GoogleMapで開く

Reluxコンシェルジュに相談する

専任コンシェルジュが、オリジナルの旅行プランの手配やご宿泊のアレンジをお手伝いします。 お気軽にご相談ください。

この24時間で、17名の方がページを見ています。

ようこそ、Reluxへ